アメリカでアジア人への差別暴行が頻発しています。ニューヨーク市マンハッタンで、アジア人女性に対する暴行事件をビル内で目撃していたが、

誰も救助しようとしなかったらしいですね・・・( ;∀;)

アメリカでアジア人憎悪犯罪(ヘイトクライム)増加

犯人はこの人

アジア人差別的な言葉を発し、繰り返し、女性の頭部を蹴った後、その場から逃走しており、ニューヨーク市警察のヘイトクライム部隊が捜査を開始しているそうです。

アジア人女性への差別暴行犯人

事件があったのは29日午前11時40分ごろ。ミッドタウン(360 West 43 Street)で起きた。女性は殴る蹴るの暴行を受け、地面に倒れた。容疑者はさらに、アジア人差別的な言葉を発し、繰り返し、女性の頭部を蹴った後、その場から逃走した。女性はNYCランゴーン病院に搬送され、手当てを受けた。
報道によると、男は女性に「お前はここの人間じゃない」などと罵ったという。女性は、骨盤の骨折と頭部を打撲する重傷を負ったと報じられている。

被害女性の娘のボーイフレンドLucaさんは、ニューヨークポスト紙の取材に対し、「男は目を合わせた」後、女性の方に向かって歩いてきたと説明。女性は、男を避けようとしたが、その後、暴行されたと語っている。

ぺんぺん草の独り言

新型コロナが中国武漢で発生し、隠ぺいして、春節で世界中にウイリスをばらまいたとされているけど、それを認めるどころか、ワクチン外交で点数稼ぎをしているのだから、怒りになっても仕方ないよ。

この暴行を受けた女性は、何も悪くないのに恐ろしい。

日本人も中国人も欧米人には区別がつかないから、東アジアの顔だったら誰でも襲われる可能性があるってことだわね。NYの地下鉄で、日本人ジャズピアニストが襲われた事件もあったしね。

今回の暴行犯は黒人だけど、アメリカでは黒人によるアジア人への蔑視、差別暴行は以前から言われていたわよ。彼らは日頃、差別されている鬱憤をおとなしいアジア系住民に向けて暴行を働くとかってね。

中国の新疆ウイグル自治区で「大量虐殺」が行われているのは事実のようで(産経新聞に詳しく掲載されていた)とアメリカは批判しているけど、自国では、白人が黒人を差別し、黒人がアジア人を差別暴行をしているのだから、自国問題も合わせて対処していかないと説得力に欠けちゃうね。

今回の暴行犯はこれだけはっきり防犯カメラに映っているから、ほどなく捕まるでしょ。しかし取り調べ段階で違法な取り調べがあったとか、加害者だというのに差別だと騒がれたら、ことがややこしくなるわ。正当な取り調べが行われ、厳重に罰せられ、慰謝料を払わせることを願うわ。

おすすめの記事