天皇皇后雅子さま2019年植樹祭

全国植樹祭出席は天皇皇后にとって重要な公務だけど新型コロナのために、リモートでのご出席になるんですって。

全国植樹祭天皇皇后リモートでご参加

2019年全国植樹祭天皇皇后雅子さま

新型コロナの感染拡大を受け、島根県は、来月大田市で開催される全国植樹祭について天皇皇后両陛下がオンラインで参加されることを発表した。

新型コロナの第4波が拡大する中、宮内庁は4月中旬、島根県の丸山知事に天皇皇后両陛下の出席が難しいと連絡したということ。

このため天皇皇后両陛下はオンラインでのご参加となり、式典招待者は当初の4000人から1000人に縮小。おもてなしの広場設置やレセプションの場も取りやめとなった。

ぺんぺん草の独り言

雅子さまにとって、宿泊を伴う公務がなくなるので楽ちんだろうね。御所内でテレビを通じて話しを聞くだけなら、緊張感は半分以下で、ホッとしているかも。

しかし、皇后に就任してからやっと、真面目に儀式にも出だしたのに、眞子サン×小室圭問題が大きく広がり、雅子さまへの関心が薄れたので、祭祀をさぼっても多くの国民は気付かなくなっている。

更に、宿泊を伴く公務もリモートで済ませられるとなると、せっかく真面目に公務をしなくてはならないという状況に追い込まれてやっていたことが、また出来なくなっていく可能性があるよ。

いったい皇族ってなんのためにいるんだろうね?皇室制度って何のためにあるのかわからなくなってきたわ。せめて天皇が眞子サンの結婚を内定を取り消してくれたら見直すけど、秋篠宮殿下からの要請がなければしないだろうね。皇室の権威は失われ、特権を利用する人だけがいい思いをするために平民は税金を納めるんだね。悲しいわ。

おすすめの記事