2020年全豪オープンテニス、ソフィア・ケニン優勝

昨日夜、全豪テニス女子決勝が行われ、ノーシードで勝地上がったアメリカのソフィア・ケニンという選手が優勝しました。
出典:https://www.afpbb.com/articles/-/3266246?pid=22087106

【2月1日 AFP】全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2020)は1日、女子シングルス決勝が行われ、大会第14シードのソフィア・ケニン(Sofia Kenin、米国)が四大大会(グランドスラム)通算2勝を誇るガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza、スペイン)を4-6、6-2、6-2で破り、グランドスラム初優勝を飾った。

ケニンは第1セットを落としたが、持ち前の攻撃的なテニスで勝利をつかんだ。大会終了後には世界ランキングで自己最高の7位に浮上することが確定し、セレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)を抜いて米国勢トップとなる。

ケニンは第1セットを落としたが、持ち前の攻撃的なテニスで勝利をつかんだ。大会終了後には世界ランキングで自己最高の7位に浮上することが確定し、セレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)を抜いて米国勢トップとなる。

ぺんぺん草の独り言

女子の試合はあまり興味がなく、大坂なおみが早々に負けてしまったので、ますます見てなかったけど、決勝だけは最初から見た。

スペイン国籍のガルビネ・ムグルサはウインブルドンや全仏優勝者で、私好みのかなりの美女。

全豪オープンテニス、女子シングルス決勝。試合前の写真撮影に臨むガルビネ・ムグルサ(左)とソフィア・ケニン(2020年2月1日撮影)

↑試合前の写真撮影に臨むガルビネ・ムグルサ(左)とソフィア・ケニン(2020年2月1日撮影)

第1セットをムグルサが取ったので、このままいくと思ったけど、大事な場面でダブルフォルトが出て、最後もダブルフォルトでポイントを落とし負けちゃったのよ。

しかし、表彰の時のスピーチは立派だったし、笑顔がかわいかった。

ケニンはまだ少女のような若い子で、世界ランク1位のアシュリー・バーティに勝った時、驚いたわよ。

”21歳80日での優勝は、2008年大会を20歳で制したマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)の後では最年少で、昨年の大坂なおみ(Naomi Osaka)よりも22日早いタイトル獲得となった。”

セレーナ・ウィリアムスの全盛時代が終わり、シャラポアも終わり、女性は混戦、戦国時代になってきて、だれが優勝するかわからないし、優勝する可能性があるわね。

男子決勝は今日、17時15分頃から。

ジョコビッチとティーム。いまだにジョコビッチは健在で、疲れているティームは圧倒的に不利だけど、勝ってほしい。フェデラーは徐々に体調維持がむつかしくなってきているし、ナダルは、全仏以外はそれほどになってきた・・・ような気がする・・けど、ジョコだけは、ホントいつまでも強くて腹立つ。

放送はwowowで17時15分から。

これだけの食事コントロールは専門家がついて、尚且つ、根性がないと無理です!↓

おすすめの記事