10年ほど前に近所でオス犬を拾い、その後、メス犬を引き取ったところ、次々と子犬が誕生。その後も去勢手術を一切行わなかったため、一時は100頭以上まで増えたという。

60頭超の多頭飼犬
出典:http://www.news24.jp/articles/2020/01/10/07576097.html

オスとメス1組でここまで増えたってこと?
兄弟同士の子供とか、おじさんおばさんとの間の子とか・・
ってことよね・・・・

犬60頭超“多頭飼育”

家の中を埋め尽くす60頭以上の犬。10日に取材した多頭飼育の現場は、すさまじい光景となっていた。動物愛護団体の職員と訪れたのは、埼玉県内の住宅。庭で大きな鳴き声をあげる何匹もの犬。さらに家の中は、すさまじい光景が広がっていた。

犬多頭飼60匹超

玄関からリビングまで、家の中を埋め尽くす多くの犬。犬たちが遊び回ったため、床や壁はぼろぼろ。さらに、息ができないほどの臭いが…。

この家に住んでいるのは、66歳の男性。

60匹の犬を飼っているおじいさん

──いま何匹いるんですか?

男性(66)「全部で…60…70何匹になるかな。多くても70何匹」

正確な犬の数は把握できていないという。

──(臭いで)苦しかったんですけど、息とかは?

男性(66)「別になんともない。慣れなんじゃないですかね」

今年の元日に妻が他界「今はもう結構きつい」

以前は、男性は妻と2人で犬の世話をしていた。しかし、今年の元日、妻が心筋梗塞で他界。

男性(66)「これまで(犬の世話を妻と)2人でやっていたからなんとかなっていたけど、今はもう…結構きつい」

現在は、動物愛護団体の職員が週に3度訪れ、えさやり、散歩、掃除などの世話を行っている。

60匹多頭飼保護施設職員が世話に来る

NPO法人にゃいるどはーと 東江ルミ子代表「私は(去年)2月の下旬にここに来て、まず衝撃。飢えているし、犬が。どうしょうもないレベルだと。頭数をみて、まずあ然」

当時は、えさやりなど犬の世話が全く行き届いていなかったという。

住民の苦情…全国でも相次ぐ

周辺住民からも苦情の声があがっていた。

周辺の住民「朝夕に犬の鳴き声。それはなかなか厳しい。(逃げ出した犬が)庭とかにウンチしちゃうんですよね。それは困っていた」

実は、こうした苦情は、全国各地で相次いでいる。環境省の調査によると、全国で多頭飼育に関する苦情が寄せられた世帯は2064件(自治体全体で 120自治体が回答 環境省調査:2018年度)。その世帯のペットの飼育頭数を調べたところ、10頭未満だったのが1033世帯。10~30頭未満は543世帯。そして、30頭以上を飼育する世帯は134世帯だったという。

こうした事態をうけ、環境省は新年度にも自治体向けの対策の方針をまとめるという。

始まりは1頭、どんどん増えて手がつけられない

埼玉で60頭以上の犬と暮らす男性は、現在は動物愛護団体にすべての犬の所有権を譲り渡したという。

NPO法人にゃいるどはーと 東江ルミ子代表「そもそもは1頭から始まり、どんどん増えていった。(去勢手術を)やればよかったんだけど、1~2頭で。少ない金額で済んだが、60頭になったらもう誰も手がつけられない

今後、犬たちを別の場所に移し、新たな飼い主を探していくという。
【関連記事】
出典:日テレニュース

ぺんぺん草の独り言

1頭の雄犬を拾ってきて、次に雌を1頭拾ってきて、子供を産ませる気がないのであればここで、手術をすべきだったのに、しなかったために次々と増えて、世話が仕切れなくなり、それだけでなく、近親間での子供は遺伝子的にも問題があるわよね。

ほったらかしにしていたら、ここまで増えることに驚いた・・。ネズミ算式に増えるという言葉があるけど「犬算式に増える」という言葉も新たに加えたくなるわ。

衛生状態も悪そうだけど、栄養状態は良さそうなのよ。

犬60匹多頭飼

みんなちゃんと首輪をしているし・・。犬たちはちゃんと餌をもらって、案外、楽しく集団生活を過ごしていたかもしれないんだけど・・ね、

多頭飼をしている人は基本的にいい人が多いのよ。かわいそうだと思って飼ってしまうのよ。しかし去勢手術をしないで、子供を産ませ放題にして予防注射もしているかどうかわからないのよね。

今後、犬たちは保護施設から里親に引き取られると思うけど、里親の家で急に1匹になって、寂しいと思うかもね。犬たちとこの男性が幸せでありますように・・。

おすすめの記事