各地で緊急事態宣言が解除になり、収束に向かっていると思っている人が多いことに驚いたわ。ウイルスは消えていないのよ。その証拠に、収束したとされる韓国でもドイツでもクラスターが発生しているではないのさああ!

だから休みの日には部屋を片付け、あとネットサーフォンして、食料はネットスーパーに宅配してもらい、食後はルームランナーで30分くらい歩きながらDVDかWOWOWを見るという、慣れれば最高の生活スタイルが確立しつつあるわよ。

強制的な食事会、飲み会はなくなり、さらに今後、葬式法事は縮小されるかも。他人の結婚式に呼ばれることもなくなると思う~💛

父親のホームは、面会完全禁止で、モノを届けることすらできないので、楽になった・・・・。

経済低迷と、人が感染したら、あっという間に亡くなってしまうことと、テニスの試合が中止になることさえなければ、それほど悪いウイルスではないかもよ。

神戸モンキーズ劇場でサルの赤ちゃん誕生

神戸モンキーズ劇場でサルの赤ちゃん誕生

神戸モンキーズ劇場でサルの赤ちゃん誕生2

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00010000-wordleaf-soci

関西初のモンキーパフォーマンスショーを行う常設劇場「神戸モンキーズ劇場」などを運営する二助企画はこのほど、ニホンザルの赤ちゃん(雄)が誕生したと発表した。

同社によると、誕生したサルは今月1日に、モンキーパフォーマンスショーで活躍する「くらのすけ」とショーを引退した「きなこ」との間に生まれた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同劇場は4月7日から臨時休業が続いているが、関係者は「ここのところ臨時休業で寂しい思いでしたが、明るい話題でうれしいです」と話している。

そんな臨時休業中のサルたちの様子を多くの人に見てもらおうと、インターネットの動画サイトで「オンラインショー」を実施。

また「ウキウキ!コンテスト~収束したらどのコンビを観たい?~」と題した人気投票も行い、そうした様子が複数の関西のテレビ番組にも取り上げられている。今回の子ザルの出産も動画で伝えているという。

関係者は「子育て風景がまるで人間を見ているようにも感じ『こうやって両親に大切に守られ、いっぱいの愛情をもらった』とふと思い出します。

こんな時だからこそ、この懐かしい感情や、愛情深いきなこの子育て風景を多くの人に見て、少しでも幸せな気持ちになっていただければ」と話している。

赤ちゃんの名前は、くらのすけ、きなこと関係者で現在「相談中」だという。

動画など詳細は、二助企画の公式サイトで。

ぺんぺん草の独り言

おサルのショーは日光猿軍団しか知らなかったのよ。神戸にこんなおサル集団があったとは!

おサルの母親の子供をいとおしそうに抱く姿が超いい!左腕で、グッと抱きよせている姿が超いい!

おサルは子供が死んだから、いつまでも亡骸を抱き続けるんですってね。サルは集団で暮らして、子育ても自然と学んでいるのかもね。人間のほうが冷たいのでは・・と思うことがあるわよ。

人間もサルも努力を重ねたうえのパフォーマンスだから、胸キュんとなるわね。

ありがとう日光猿軍団【電子書籍】[ 佐伯美保 ]
価格:330円 (2020/5/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

おすすめの記事