愛子さまティアラの予算つかず

21年度予算にことし成人される愛子さまのティアラ代が
宮内庁の予算としては盛り込まれなかったことが分かりました。

愛子さまのティアラ 予算つかず

ティアラは成年皇族が宮中晩餐会など公式の場で付ける髪飾りです。「新型コロナの状況に鑑み盛り込まなかった」としています。

愛子さまティアラ予算つかず
(お二人の前を天皇皇后、秋篠宮殿下が通られ、お辞儀されているので、顔を上げた瞬間は何度シュクショしても、目を閉じられているものになってしまいました)

愛子さまティアラ予算付かず

ティアラの制作は秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまが成人されたとき初めて企画コンペによる公募入札が行われ、大手宝飾品製作のミキモトが落札しました。

長女の眞子さまが成人されたときは、指名競争入札で和光が落札していました。

予算はイヤリングなどとあわせそれぞれおよそ3000万円で、宮内庁が管理する公金から支出されました。そのためティアラは国有財産で、皇室を離れられるときは返還されます。

ティアラの制作費を今後補正予算に盛り込むことは想定できず、愛子さまのティアラはいわゆるお手元金とよばれる皇族の日常費で制作するか、他の皇族が大切に使われていたものを引き継ぐことになります。

天皇陛下の即位に伴い皇后さまは上皇后さまから、紀子さまは皇后さまから、それぞれ由緒あるティアラを引き継いだとされています。
出典:愛子さまのティアラ 予算つかず

ぺんぺん草の独り言

多分、他の皇族が大切に使われていたものを引き継がれるんじゃないかな?ティアラには第1と第2があるそうだけど、わたしは区別がつかないから、ティアラについてあれやこれやと書けないわ。3000万円もするってすごい値段だけど、数億円以上と思っていたから、案外安いという印象。

今年成年になる内親王のティアラ作成の予算が、新型コロナの状況に鑑み盛り込めないにも関わらず、小室親子の警備費用は莫大な費用になっているであろうと思うと、内親王より小室のほうが大切なのか?と腹が立つ。

高円宮家の絢子さんと結婚された守谷さんは、結婚前の警備を断られたというのを読んだ記憶があるけど、普通は警備を必要とするほど、日本の治安は悪くないわよ。それでも厳重な警備をしなくては襲われる可能性があると予想される親子が、皇室の親戚になっていいものなんでしょうかね?

今まで様々なメディアが、皇后雅子さま、愛子さま、皇嗣妃殿下紀子さま、眞子サン、佳子さまなど、皇族方をネタに記事を書いてきて、内部事情を話す人のことを

”宮内庁関係者”

と称して書いてきていたけど、盛られたはなしもあるけど、かなり信ぴょう性の高いモノも混じっている、週刊誌も全て嘘ではないんだと思ったことが少し前、東京に用事で行った時に聞きました・・。

生徒が廊下を歩いていたら、職員室からものすごく怒っている声が聞こえてきて、職員室を覗くと、おばさんがいきり立って先生に対し怒っていた。どこかで見たたことのある顔だ、と思ったら紀子さまだったらしいです。

かなり前のことですけどね。

学校内部のことは、外部に漏らしてはいけないと言われているが、生徒同士の中で噂となり、今も伝言ゲームのように伝わっています。

しかしわたしがきいたのは、伝言の最末端ではないので、紀子さまが職員室でお怒りになったのは事実のようです。なぜ怒ったのか、内容まではわかりません。

妃殿下をそこまでいきり立たせるのは学校側が悪いのかもしれませんが、普通は、お世話になっている学校の先生に対して、父兄は我慢するものですけどね・・・。

紀子さまは学習院出身、お父様は大学の教授だったし、今は妃殿下の身分だから、強いお気持ちで、仰ってしまわれるんでしょうかね・・・。

秋篠宮家にお仕えする職員に厳しいと、書かれていた記事も本当なのかも、と思いました。しかし情報の出所は書けないので、●●関係者と書くんじゃないですか?

それから意外だったのが、眞子サンは優等生ではなかったという話です。むしろ、劣等生だったとされる佳子さまの方が真面目だったらしい。

二人はそれでなくても目立つ存在なのに、ものすごく派手で、眞子サンはお勉強をしなかったからか、出来なかったらしいです。

ネットで、眞子サンが成績不良で紀子さまが学校に呼び出されて、怒りを爆発させたという書き込みを読んだことがありましたが、まんざら嘘ではなかったようです。

眞子さまの高校時代だったか、彼氏の肩にしなだれるような画像が出回っていますが、たしかに、今までの内親王のイメージとはかけ離れています。

そして更に意外だったのが、内部進学と外部進学を分けてからの成績なのかはわかりませんが、愛子さまは成績上位で、優秀らしいです。

偏差値70以上というのは、かなり盛ってるでしょうが、勉強が出来るのは事実のようです。学習院大学で日本文学科を選んだのは、日本の皇族としての教養を身につけるため、偏差値に関係なく、選ばれたんじゃないですかね。

愛子さまが小学校時代、雅子さまは毎日参観しに通ったり、校外学習に宮内庁の車で後ろを追いかけたり、学習院に喧嘩を売るようなことをしてきたように見えましたが、中高以降、学習院関係者には評判がよく、反対に、秋篠宮家は評判が悪いということも聞きました。

このままだと、かなりの高い確率で、悠仁さまは学習院高校には進学されないと思います。男子部と女子部では教員が違うでしょうけど、もう決裂状態なんじゃないですか?

学習院側は、秋篠宮家から高校に進学すると連絡があれば、受け入れるでしょうが、紀子さまのプライドが許さないのではないか、と思います。

無理やり、筑波に進学し、無理やり、推薦で東大に入れろと高校にねじ込むか・・・

佳子さまが受験したという、都内にある名門私立大学の高校を受験するか、紀子さまの弟さんが教授をしている大学の付属高校に行くか・・そのどれかでしょうね。

しかし都内にある名門私立は、佳子さまは、高校卒業時とICU編入前、2度受験して、2度とも、相手側が受け入れなかったということだから、警備の問題などで、将来の天皇となる悠仁さまが受験しても、受け入れられない可能性が高いんじゃないですか?

愛子様はには、常磐会などから内親王にふさわしい方の縁談が持ち込まれると思いますが、秋篠宮家の眞子サン、佳子さまに縁談をお世話してくれる人がいないかも、と思います。

悠仁さまも、学習院小中高でお相手が出来るならいいですが、この先、良家の子女と縁談があるかどうか、わからないです・・・。

女性宮家について議論されていますが、男系男子と結婚する場合のみ、女性宮家設立を認める、その他は降嫁と決めるのは、どうでしょう?

結婚相手の男系男子は、室町時代以前にまで遡ってもいいじゃないですか?それではダメですか?室町時代まで遡れば、かなり、おられると思いますけど。

それなら、彬子さまは、三笠宮家を存続させたいと強く思ってられるので、男系男子の方と結婚されるんじゃないでしょうか?年齢的にまだ、子供を生めるので、出産されて、三笠宮家を継いていかれると思いますよ。

承子さまも、遊び人ではあったけど、恋愛と結婚は違うとのお考えだから、男系男子と結婚し、高円宮家を継承されたらいいんじゃないですか?

瑤子さまはわかりません・・・・。何を考えているか、普段何をしているのか、なんで一般参賀や歌会始に欠席なのか、わからない方です。

男系男子が養子に入るとなると違和感があっても、結婚相手としてなら、受け入れやすいように思います。

眞子サンが国民のほぼ全員に近い人から受け入れてもらえない男になぜ執着するのかと思っていましたが、似た者同士なんじゃないですかね・・・。普通の人なら、相手の男が、弁護士を使って強引に、世話になった人の債権を放棄させるのをみたら、相手に対し、懐疑的になりますけどね。お二人とも中身はヤンキーさんなんですね。悲しいですね。

眞子サンだけじゃない、他の皇族もだ!と言う人がいるかもしれないですが、他の皇族、例えば、瑤子さまがさぼっているからさぼっていいのか?ということになります。

雅子さまが休んでいる間、紀子さまが公務を引き受け、激務だったったために、子育てが後回しになった可能性がありますが、今からでも遅くない、悠仁さまのために、学習院高校への進学をご検討し、小室との婚約内定は破談にしてほしいです。

なんとかないものにならないか、と、お悩みでしょうが、ダメなものをダメだと言えないから、こんな男とくっついて離れない娘になっちゃったんですよ。

愛子さまは高貴な方から、ティアラを譲り受けてください。

 

わたしは、天皇家、秋篠宮家、眞子サン、愛子さま、どの方の肩も持ってはいません。むしろ、一方だけを完璧と言わんばかりに崇拝するほうが変ですよ。

おすすめの記事