秋篠宮ご一家写真
(悠仁さまは未成年なので参加されていません)

秋篠宮一家、「ヤングケアラー」について聞く

秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまは25日、赤坂御用地にある赤坂東邸(東京都港区)で、厚生労働省の渡辺由美子・子ども家庭局長と文部科学省の滝本寛(ゆたか)・初等中等教育局長から、大人に代わって家族の世話や家事を担う若年層「ヤングケアラー」について聞かれた。

ヤングケアラーは学業や進路への影響だけでなく、同世代からの孤立も招くとされる。宮内庁によると、4方はヤングケアラーの実情に関心を持たれていたといい、必要な支援策などについての説明に耳を傾けられたという。

「ヤングケアラー」とは

ヤングケアラー(英語: young carer)とは、通学や仕事のかたわら、障害や病気のある親や祖父母、年下のきょうだいなどの介護や世話をしている18歳未満の子どもを指す。

家族の病気や障害のために、長期のサポートや介護、見守りを必要とし、それを支える人手が十分にない時には、子どもであってもその役割を引き受けて、家族の世話をする状況が生じる。介護のために学業に遅れが出たり、進学や就職を諦めたりするケースもあるといい、実態の把握が急がれている。
目次

ぺんぺん草の独り言

通学や仕事のかたわら、障害や病気のある親や祖父母、年下のきょうだいなどの介護や世話をしている18歳未満の子どもはいるでしょうね。

YAHOOコメントでは想像通り、他所様の子どもの心配より、まずは自分たちの子どもたちのことを何とかしろという意見が書き込まれていたわ。

しかしこういう実態を眞子サンや佳子さまが知ることで、自分たちがどんなに恵まれているかを確認する機会になってくれたらと思う。

眞子サンは自分が皇族であることが嫌で、早く平民になりたいそうだけど、平民ってホントに大変なのよ。平民だってそれほど自由があるわけじゃなく、しかも特権はない。

平民が大変ってことは、小室佳代の話を聞いて知っているはずで、だから眞子サンは小室親子のパトロンになろうと決意なさったんじゃなかった?

しかしそのパトロンになるための資金は税金なのよ。イギリス王室は広大な領地を持っていて、そこからのあがりが莫大なんだけど、日本の皇族にはそれがないでしょ。

もし眞子サンがイギリス王室の一員であったら、3年前に女王が小室圭との結婚話を破談にしているわよ。

小室側は今後、佳代さんの父親の介護の問題が出てくると思うけど、老人ホームに入るにも金がかかる。父親の年金も重要な収入なんだから、年金を老人ホームのために使いたくないでしょ。眞子サンさえ結婚してくれたら、いくらでも秋篠宮家から金を引っ張れるので、眞子サンを手放さないと思う。

通学や仕事のかたわら、障害や病気のある親や祖父母の介護をしている小さい子がいることを学んだんだから、眞子サンもやってみる?

おすすめの記事