ATPファイナルズは世界中のテニス選手の上位選手わずか8人が頂上決戦をする大会です。この大会で年内のテニスの公式試合は終わります(寂しい)

ATPファイナル表

ドミニク・ティーム選手の準決勝の相手はジョコビッチに決まりました。昨晩日本時間夜11時、現地時間午後2時から、ズベレフ×ジョコビッチの試合があり、ジョコビッチがズベレフにストレート勝ちをして準決勝進出を決めました。

ATPファイナルズ

ジョコビッチはメドヴェデフの試合では圧倒されて負けていて、体調が悪かったと話していたので、喜んでいたら、ズベレフの試合では全くそんな様子はなく、次の試合相手を油断させる作戦だったのかもしれなかった・・・と思いました。タフな試合でしたが終わってみたらジョコビッチのストレート勝ちでした。

ノバクジョコビッチ

コートが濃紺だったらジョコビッチは全身濃紺を着てきます。長時間試合をしているうちに、相手の動きがコートの色と混ざって、一瞬わからなくなるのを狙っているのかもしれません。

他の選手は上下色を変えたり、コートと一体化するような色は着ていません。

ズベレフとの試合で、ジョコビッチの全身がけいれんするほどのフルセットになり、疲れ果てて、ティーム試合開始時にすでについ荒れ果ててほしかったですがジョコビッチが元気に、また勝ってしまいました。

ジョコビッチは錦織くんの天敵でしたからね・・。ジョコビッチと聞いただけで腹が立ちます。

ティーム×ルブレフ

一昨日の試合です。ティームは準決勝進出が決まっていて、ルブレフは敗退が決まっていたので、消化試合です。

しょっぱなからサーブをブレイクされて、ルブレフ絶好調でした。ナダルには歯が立たず、1セットが終わったところで、ラケットを投げつけて怒っていたのに、対戦相手の相性ってあるもんなんですね。

ティームはルブレフに2連敗をしていて相性が悪いかもしれません。必死にやったら準決勝までに疲れるので、負け試合の悪い雰囲気を残さない程度に難しいボールは追わずに見逃して、体力を温存してほしいと思ったら、その通りの試合になって、比較的あっさり終わりました。

ティーム×ルブレフ

ルブレフは1勝できて、ボーナス賞金は出るし、ATPポイントが200出るらしい。ATPファイナルで1勝するのはものすごいことです。

シュワルツマン×メドベージェフ

シュワルツマン×メドベージェフ

メドベージェフは準決勝進出を決めていて、シュワルツマンは敗退が決まっていたので、これも消化試合です。しかしスワルツマンが勝てば、大きな飛躍になるので、是非、フルセットまでやって、今年の4強の中でメドベージェフだけが全勝です。この人、調子がいいみたい。

わたしはシュワルツマンも好きだから、

シュワルツマン

シュワルツマンには、メドベージェフが引退したくなるほどの精神的ダメージを与える勝ち方をしてほしかったけど、負けちゃいました。初出場のときは、ジョコビッチも3連敗だったらしいので、今回負けても仕方ないです。来年もファイナルに出場できる活躍を祈ってます!

メドベージェフは明日朝5時からナダル戦です。ナダル、頑張ってほしい。

今夜のティーム×ジョコビッチ

もちろん必死にティームを応援します。

番外編・仲のいい選手同士

ジョコビッチ=「ズべレフかティームだね」と返答。

チチパスとシュワルツマン=ティーム

ティーム=「全員と仲はいいけど、ズべレフかな」と答えた。

ズべレフ=「ティームかな。でもやっぱりルブレフだね。僕らは10歳の頃から知り合いなんだ。親友だよ」と答えた。

ルブレフ=「ティーム、シュワルツマン、ズべレフ、メドヴェデフみんなだね」と述べた。
出典:総合テニスサイト

女子は怖い

男子は試合後お互いをたたえるけど、女子は怖い。

ケニンとシフィオンテク

全仏のケニンとシフィオンテクの決勝戦。雰囲気的に((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

今回のATPファイナルは線審がいなくて、機械が自動に判定します。主審はいます。女子の場合審判員は、選手同士が取っ組み合いのけんかになった時、止めるためにも、絶対必要です。

ティームの試合を見てたら、錦織くんの2014年頃を思い出します。ジョコビッチ、フェデラー、ナダルが上にいて、ライオニッチやワウリンカなども強かったです。

錦織くんの試合は、最初から最後までずっと祈りながら観戦していました。

昨年、ティームは準優勝でした。今年は優勝してほしい。今日もきっと激戦です。しかしティームは何度もジョコビッチに勝っている。祈りながら観戦します。

おすすめの記事