(CNN)オーストラリアの首都キャンベラを抱える首都特別地域(ACT)でペット犬の飼い主が1日に少なくとも1回、散歩させなかった場合、最高で4000豪州ドル(約29万2000円)の罰金を科す新法がこのほど発効したというから驚き。

日本では動物の権利はほぼなく、殺しても器物損壊の罪にしかならないけど、欧米では動物の権利が認められていて、やはり、欧米のほう先進国だと思っていたけど、ペット犬の飼い主が1日に少なくとも1回、散歩させなかった場合、最高で約29万2000円の罰金というのは、あまりに極端に厳しすぎ~。インフルエンザの高熱でうなされていても、犬の散歩をしなかったら、30万円の罰金よ~!

オーストラリアの首都キャンベラ、ペット犬に関する新法

(CNN)オーストラリアの首都キャンベラを抱える首都特別地域(ACT)でペット犬の飼い主が1日に少なくとも1回、散歩させなかった場合、最高で4000豪州ドル(約29万2000円)の罰金を科す新法がこのほど発効した。

犬を人間と同様、知覚を持つ生き物と受けとめ、その福祉の向上を狙った措置の一環。豪州でこの種の法律を成立させた州は初めて。

26日に発効した新法によると、保護の手立てやえさ、飲み水など基本的な飼育上の要件を満たさないことが判明した場合、飼い主に現場で罰金を科す。

犬を24時間閉じ込めていた場合、飼い主には2時間は犬を自由に動き回らせることを命じ、従わない場合は法的措置を講じる。

新法成立を進めたACT政府の都市公共サービス担当の閣僚は報道発表文で、「近代社会における動物の福祉は飼育される環境に動物が精神的かつ物理的にどう対応しているかを考慮するのが必要」との考えを示した。

ぺんぺん草の独り言

日本ではペットショップで子犬を展示しているので、衝動買いして、大きくなって世話をしきれず捨てたり、あるいは、最初から虐待目的で犬を購入したり保護施設からもらってくる人が実際にいるのよ。

日本では動物の権利、ペットの権利が著しく低いので、ペットの犬猫の権利をもっと高くすべきと思っているけど、オーストラリアのペット新法は極端に厳しいわね。

飼い主の体調が悪く、散歩や世話が出いないときには、代わりに世話を頼める人がいることもペットと暮らす条件に入るってことだわね。

人間の子供への暴力は発覚したらば罰せられる。しかし犬猫は法律が甘いからストレス発散のはけ口にする輩がいるのよ。犬猫は器物じゃない。日本はオーストラリアほどでなくていいから、せめて犬猫が血の通った生き物で、人間の友人であることを認める法律ができてほしいわ。虐待したり、殺したら、人間に対するのと同様、裁きをすべきよ。

動物保護入門 ドイツとギリシャに学ぶ共生の未来
価格:1980円(税込、送料別) (2019/10/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おすすめの記事