全豪オープンテニス

2月8日に開幕するテニスの全豪オープンの入場者は、最大で1日3万人に制限されると30日に発表された。試合数が少ない最後の5日間は1日2万5000人。かなりの観客を入れるようです。

オーストラリアは抑え込みに成功しているので出来るのだと思うけど、もし、これでクラスターなど発生しないで大会が無事終われば、東京オリンピックだってやろうと思えば出来るのでは?と思う。

全豪オープンテニスは東京五輪の試金石になる、と思う。

全豪入場者1日最大3万人

会場のメルボルンを含むビクトリア州のパクラ・スポーツ相は14日間の期間で例年の半分程度となる39万人が観戦するとの見通しを示し「過去数年とは異なるが、観衆を入れた最も大規模な国際イベントになるだろう」と開催に自信を示した。

ナダル×ティーム全豪前のエキシビションマッチ

ナダル×ティーム全豪前のエキシビションマッチはナダルが7-5、6-4で勝利した。今回はそれが書きたいのではなく、エキシビションマッチに、それなりの観客が入っているということに注目したのよ。

動画を見てもらったらわかるけど、かなり密な状態で、しかも観客はマスクをしていない。

錦織圭くん、完全隔離から外に出て驚いたことは…

錦織圭くんはオーストラリア入りするチャーター便に陽性者が同乗したことで、濃厚接触者となり、部屋から1歩も出られない完全隔離となった。

やっと外に出られて驚いたのが「マスクなしで皆が歩いていた。もちろん、コロナにかかっているケースが少ないので問題ない。アメリカも日本も全員マスクしているので。それが不思議な感覚でした」。

オーストラリアは、現在、居住者の新規感染者はゼロで、合計の感染者数も約2万9000人と、見事なまでに封じ込めに成功している。昨年3月から、外国人の入国は原則禁止で、厳しいロックダウンも数度、経験している。その中で勝ち取ったマスクなしの安全だ。

ぺんぺん草の独り言

オーストラリアのマスクなしは、ジョコビッチ主催のテニス大会とは全く違う。

日本も何が何でも抑え込んで、東京五輪を成功させたい!

緊急事態宣言の効果が出たのか、数字を操作しているのか、わからないけど、確かに感染者が減ってきたわね。外国から入る選手団と関係者を2週間完全隔離し、数日ごとにPCR検査を実施し続け、さらに観客をかなり減らして、放送権で稼ぐようにすれば、東京五輪、開催出来るんじゃない?

昨年11月には、ロンドンでATPファイナルズを無観客で実施し、コロナ蔓延のイギリスで感染者は出なかった。

中国は2022年の冬季オリンピックを開催して、日本では開催が出来なかったが、北京では開催出来た、社会主義国の勝利だと言いたいみたいよ。そんなこと言わせてなるものか!日本のために、感染を抑え込まなくては!

と、思ってます・・。

おすすめの記事