第2セットを取られたことに腹を立てて、コートに唾を吐き、ラケットを叩き割るブノア・ペール。この人は以前から短気で逆上し、マナーが悪すぎる選手だわ。大嫌いよ。

ブノア・ペール、ラケットをたたき割る
出典:https://www.thetennisdaily.jp/news/atp/2020/0039573.php

「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3日~12日/ハードコート)のシングルスの試合中、キレやすいブノワ・ペール(フランス)がコートに唾を吐き、ラケットを叩き折った。英The Sun紙が伝えている。

非常に短気な世界ランキング24位のペールは、グループAの対戦でドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)に第2セットを取られた後に爆発。ベンチに戻る途中でフロアに唾を吐き、ラケットを3回フロアに叩きつけて破壊した。

さらにもう一本のラケットも破壊し、飲料水の入ったボトル2本を投げた。試合中にもフラストレーションを抑えられず、返らなかったサービスリターンの球を左足で蹴った。

しかし、その後のペールはどうにか感情を抑え、6-2、6-7(6)、6-4で試合に勝利。ブリスベン(オーストラリア)で行われた大会4日目初戦での出来事だった。

ペールは以前、2018年の「ATP1000 マドリード」でも審判に抗議して唾を吐いたことがある。

彼は数日前、シーズンを南半球でスタートする際、「オーストラリアの女の子たちがとても感じがいいこと」がオフコートでのベストな点だと話していた。

ぺんぺん草の独り言

2019年の全仏オープンで、錦織くんと2日に渡っての大接戦となって、結局、こいつが原因で錦織くんは、右ひじが一層悪くなって2019年を棒に振ることになったのよ。

ブノア・ペールはフランス人だから、錦織君は完全なアウェー。ペールがポイントを取るたびに歓声が上がり、ペールは両手を挙げて観客を煽るのよ。

フルセット、二日にわたる試合に勝った時は本当にうれしかったわ!しかし、その代償は大きくて、ペールはこうやって試合をしているけど、錦織君は右肘故障でまだ復帰できないもんね。

錦織君が右肘故障で出場できなかった楽天オープンに、ペールは出場していて・・・

わざわざ日本に来てくれたのは嬉しいけど、この大会でも、負けた時、怒りでコートのネットを蹴って出て行ったわ。

今回の大会でコートに唾を吐くって、神聖なコートを冒とくしているわ。

しかし、ペールだけじゃない。

テニス選手って激怒しやすいのかしらん?↓

錦織くんと5時間の激闘で負けてキレるカレノブスタ選手。最後まで見てちょ~だい。カレノブスタが暴れるから。

「カレノブスタ」から「カレハブスダ」に改名したら~?↓

錦織くんもラケット破壊している~↓

テニス選手にとって、ラケットは体の一部。破壊してはダメ。マッケンローはかつて、暴言は吐いたけど、ラケットは投げなかったような気がするけど。

おすすめの記事