昨年後半から今年にかけてオーストラリアでは大規模火災が発生し、大やけどを負ったコアラのルイは火傷がひどくて安楽死させるしかなかったのよね。

森林火災から救われたコアラの「ルイス」、やけど悪化し安楽死

全豪オープンテニスの開催すら危ぶまれ、会場にまで焼けた臭いが漂っていたというのだから、どれほど広範囲な大火事だったか、と思うわ。

YOUTUBEをみたら、当時はまだ、人同士がハグしているし、これはCOVID-19以前のことだったんだと改めて思う。

その後、鎮火したという報道がないまま、COVID-19が拡大し、どうなったのかしらと思ってたのよ。

そしたら、大規模火災後初めて、コアラの赤ちゃんが誕生したという明るいニュースを見つけたので嬉しい。

コアラの赤ちゃんが誕生、大規模火災後初

(CNN) 昨年後半から今年にかけて大規模な森林火災に見舞われたオーストラリアで、火災後初めてコアラの赤ちゃんが誕生したことがわかった。シドニー近郊にあるオーストラリア爬虫(はちゅう)類公園が明らかにした。

同園は26日、フェイスブックに動画を投稿し、「非常に特別な告知があります。シーズン初めてのコアラがママの腹袋からあいさつをするために出てきました」とつづった。

赤ちゃんは「Ash」と名付けられた。同園はAshについて、オーストラリアの野生生物の未来にとっての希望の証しと呼んでいる。

同園はオーストラリアの新型コロナウイルスをめぐるロックダウン(都市封鎖)措置に従って6月1日に営業を再開する見通し。

同園は隔離期間中も動画を配信するなどして多くの人々の注目を集めていた。

Ashの誕生は希望の光でもあるが、森林火災はコアラの生息数に大きな打撃を与えた。

国際動物福祉基金(IFAW)の推計によれば、少なくとも5000匹のコアラが死亡した。IFAWによれば、コアラは動きが遅いほか、コアラが暮らしているユーカリの木は早く激しく燃えるため、コアラは特に森林火災によって被害を受けやすいという。

ぺんぺん草の独り言

FBの動画、すごくいい!!まず、母親コアラの愛らしさと飼育員の優しい接し方に感動。

オーストラリアでは毎年山火事が発生し、コアラの主食のユーカリの木は油分を含んでいるので燃えやすいことは、繰り返し報道されていたわ。

生まれてきてくれた赤ちゃんコアラ「Ash」が無事育って、火災に遭うことなく幸せに暮らせるようにと祈るわ。火災が発生しても、なんとか、早く消火が出来るように出来ないものかしらね?

それにしても、オーストラリアの大規模火災がもうずっと前のような気がする。

COVID-19が蔓延し、悪夢のようにパンデミック化し、FBの中の人が、ハグしているのが不思議な感じがするわ。大規模火災の時は全豪オープンテニスの開催が危ぶまれたけど、開催できて、いい試合がたくさんあった。しかし、COVID-19で全豪の後の試合は全部、中止か延期。早く安全でかつ、有効なワクチンが開発されること本気でを祈っってます・・。

ジョニーデップは来日したら、子供のために「きのこの山」を大人買いして帰ってたそうです。↓今は子供たちも大きくなり買って帰らないと思うけどね。

明治 きのこの山 74g

楽天で購入

 

 

コアラのマーチもおいしいと教えてあげてほしかった・・・。

 

おすすめの記事