全豪オープン開催地のメルボルンで新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生して外出制限となってしまった( 一一)。選手は会場とホテルの移動のみで、外出は出来ないけど、試合は続行されるので良かった~。

それまでは最大3万人は入っていた会場無が観客になるけど、それでも試合を続行してくれるのはホントに嬉しい~。

全豪OPテニス メルボルンでクラスター発生

メルボルンはこの日、空港の隔離ホテルでウイルスのクラスターが発生したことにより、約500万人の市民に対して深夜からの外出禁止命令が出された。

宣言時点ではすでに大会5日目が始まっており、女子ではセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)や大坂なおみ(Naomi Osaka)、男子ではノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)が出場する。

選手たちは衛生的に安全が保たれている状態で試合に臨むため、メルボルンで5日間のロックダウンが宣言された後も大会の続行が可能となっている。(c)AFP

ジョコビッチの試合中に観客が退出させられる

2月13日午前0時から無観客試合をなるので、2月12日午後11時30分頃から観客は試合途中なのに、退出しなくてはいけなかったのよ。

ジョコビッチの試合を見ている観客
出典:YOUTUBE

午後11時半までは観客がいたけど、13日午前0時にロックダウンだから、帰らされちゃったのよね~試合の途中なのに残念だったわね~。

ジョコビッチ脇腹を痛めて崩れ落ちる

シングルス3回戦でジョコビッチは第27シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)と対戦したんだけど、第3セットの途中で右わき腹を痛めっちゃったのよ~~~!(^^)!

第1セット、第2セットを取って、勝負ありと思ったら、第3セットで思わぬ不幸が舞い降りた~~~ってことよ。第3セット、第4セットを取り返されて、フルセットにもつれ込んだおもしろい試合だったら、観客はロックダウンのための退出は、さぞかし、残念だったでしょうね~。

全豪オープンテニスジョコビッチ脇腹の筋肉を傷める

ジョコビッチ、痛そうで、可哀そうやわ~~~

しかし苦しみながらも勝っちゃった~

ジョコビッチの雄たけび

無観客の会場にジョコビッチの雄たけびが響いたわよ。

ナダルは背中に違和感があるというし、ジョコビッチは右わき腹ぼ筋肉を傷めて、10年以上に渡る厳しいツアー生活の疲れで、体のあちこちが悲鳴を上げてきているのよ。

ティーム、チャ~~~ンス

と思うけど、メドベージェフとルブレフが強い。この二人は同じ組だから、潰し合いになるのかな?違ったかな?

強いのは今や、ナダルやジョコッチだけじゃない。次世代の若手がすごく強くなっているので、後半になるとさらに激戦になると思う。見ごたえがあり超楽し~。

ぺんぺん草の独り言

空港の隔離ホテルでウイルスのクラスターが発生したため、町ごとロックダウンにするとは、徹底しているわ。日本だったら、空港で検査して2週間留め置くとしても、自分で待機場所を確保してね、だったら、勝手に出歩いてしまうに決まっている。

日本は、かなりざる式の感染対策で、よくこの程度の感染者数で済んでいると思うわ。

感染者数が緊急事態宣言で減ってきているけど、感染者数を増やさないために検査をしていないとかネットに書いているので、何を信用したらいいのかわからなくなる。

オーストラリアやニュージーランドは立派だわ。長期にわかってロックダウンしたなら、経済補償もしているんじゃないの?

ともかく全豪オープンテニスが続行されて、嬉しい。

この本通りの食生活が出来る人は、世界でジョコビッチただ一人だと思う。わたしには出来までんでした…友人も言ってたよ、無理だって。

おすすめの記事