プレーリードック
出典:無料画像サイトphotoACでダウンロード↑

アメリカのコロラド州で野生のプレーリードッグのペスト感染が確認されたそうです。デンバー近郊の市街地の一部と野生保護区への立ち入りが禁止されました。

アメリカにいまだにペストがあることに驚いた~!日本では過去の病気なのに~。やっぱ日本は衛生的で世界一いい国だわ~。

日本におけるペストの発生

・1896年、横浜に入行した中国人船客が横浜の中国院病院で死去

・1899年11月、台湾から門司港に帰国した日本人会社員が広島で発症して死亡。その半年の間に神戸、大阪、浜松で発病、死者が発生。1899年は45人のペスト患者が発生。40人が亡くなった。

・1901年5月警視庁はペスト予防のため屋内を除き、素足で歩くことを禁止する。

・1907年患者数646人。これが日本でのペスト発生のピーク。

・1926年2人の死者が出たのを最後に感染者は国内では出ていない。
出典:ペスト

日本は狂犬病も撲滅したし、清潔な国だと思う~。

いまだに世界ではペストは撲滅できていない

・アフリカの山岳地帯、密林地域
・東南アジアのヒマラヤのあたり
・中国・モンゴルの亜熱帯草原地域
・アラビアからカスピ海周辺
・北米ロッキー山脈周辺
・アンデス山脈周辺と密林地帯

アメリカ衛生局はプレーリードッグの観察を続けて巣穴に殺虫剤を散布したそうです・・・。

ぺんぺん草の独り言

日本には狂犬病もペストもないのが当たり前になっているけど、世界ではいまだに狂犬病で亡くなる人は多いし、ペストは、アメリカでは年間数人は発症しているらしいわ。黒死病とも言われて、昔はヨーロッパの町が全滅するほどの恐ろしい病気だったけど、今はちゃんと治療をすれば治るらしいけどね・・・。しかし日本でペストなんてありえない~!日本はネズミの徹底的な駆除と衛生管理でペストを撲滅したけど・・・、最近、東京のコンビニで夜間、ドブネズミが店中を走りまわっているらしいから気持ち悪い!ペストの初期症状は高熱らいいけど、日本の医者は本で勉強しただけで、実際に診たことがないと思うので、診断が遅れて重症化することも考えられる・・・。最近は野良猫を捕まえて殺処分し過ぎで、野良猫が減ったこともネズミが増えた一因かもよ。野良猫のパトロールも役に立っていたんじゃないかと思います。

おすすめの記事