犬に感謝

犬は人間のために文句を言わず、働いてくれています。感謝を込めて~書きます。

コロナ探知犬の活動開始ーフィンランド

コロナ探知犬ヘルシンキ

・ヘルシンキ空港に特別に訓練された10匹の犬が新型コロナウイルスの匂いを嗅ぎ分けるために配置された。

・全体の手順は約1分で済む。

・検査結果が陽性の場合、乗客はヘルス情報担当の窓口へと案内される。

・驚くことに、一般的に使用されているPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)テストよりもはるかに少ないサンプルからコロナウイルスを探知できる。

・ほぼ100%の確率で分かるという。

・探知犬はすべて異なる種類の犬

・犬は、空港の騒がしい環境にも影響されずに探知することができる選ばれた犬たち。

・犬の訓練と配備を担当するフィンランド匂い検出協会(WiseNose)によると、検査は希望する乗客と空港スタッフが申し込むことができる。

・これらの犬は、以前にさまざまな種類の癌(がん)を特定するために用いられた犬。

探知犬に感染のリスクはないのか

・犬は空港内に設置されたブースで待機

・海外から到着した旅客が皮膚を消毒布のようなもので拭い、カップの中に入れ、それをブース内の犬が嗅ぐ。

・そして犬により感染者と判別された旅客は無料のPCR検査を受けることができる。

・これまでの研究で、犬は新型コロナには簡単に感染しないことがわかっている。

・まれに感染することはあっても、発症したり、人やほかの動物にうつすという証拠はない。

・犬は、ウイルスが感染の足がかりにするために必要な受容体を持っていないため、新型コロナに感染しにくいためなのだという。

犬が感染者を見つけてくれたら、その人たちだけが次の検査に進めばいいので、空港の乗客全員を検査しなくていいので、経済的にも時間的に無駄がないわ。

しかし、犬は感染しないと言ってもまれに感染して、安楽死させられた犬もいたので、やはり危険ではあるでしょ。

米初のコロナ陽性犬を安楽死、基礎疾患で重症化か

麻薬探知犬の中には引退する頃には麻薬中毒になっている子もいるらしいからね・・・。

警察犬の活躍

警察犬

先月、愛媛県今治市で一時行方不明になっていた高齢の女性を警察犬が捜索開始からわずか20分で無事発見しました。その功績を称えきょう愛媛県警から警察犬に表彰状が贈られました。

・表彰されたのは、県警鑑識課の警察犬で、4歳のオスのシェパードエール・フォン・オクイヨシロカワ

・県警生活安全部からエール号に表彰状
・おやつの砂肝ジャーキーとガム

が、贈られました。

・「90代の祖母が散歩へ出かけたまま帰宅しない」と家族から相談が寄せられたことから捜索を開始。

・女性の靴のにおいを頼りに、人間のおよそ3000倍から1億倍と言われる嗅覚を活かし、捜索開始から20分で田んぼの水路で動けなくなっていた女性を発見した。

・女性は、水に浸かった状態で仰向けに倒れていましたがけがはなく大事には至らなかった。

ぺんぺん草の独り言

犬は人間のために働いてくれているわね~。

警察犬エール表彰式

表彰式の犬の態度が面白いね。ここまで育て上げるには、どれだけの忍耐強い地道な訓練があったかと思うわよね。訓練士さんと犬との忍耐の結晶ね。訓練士さん、嬉しいでしょうね~。発生から出動までの時間が短かかったから、匂いが強く残っていたので、短時間で発見できと、訓練士さんが動画で話してた。

警察犬エール

砂肝ジャーキーとガムをもらってよかったですね~。しかし…90代のお祖母ちゃんの介護は大変だってことが、ここでも思ってしまった~。足腰が丈夫なら、どこに行ってしまうかわからないからね( 一一)

ともかく、犬たちに感謝。

コロナ禍にあっても、平民と犬は働いています。

おすすめの記事