マスク着用拒んだ牧師、新型コロナ感染でICUに入院

礼拝の中でマスクは着用しないと宣言し、新型コロナの症例報告についても信憑(しんぴょう)性に疑問があると繰り返し発言していた、米アイダホ州にある教会の牧師が、新型コロナウイルスに感染して集中治療室(ICU)に入院してるそうですよ。

マスク着用拒んだ牧師、新型コロナ感染でICUに入院

新型コロナウイルスに感染したのはアイダホ州カーダレーンにあるキャンドルライト教会のポール・バンノイ牧師。教会関係者は、同牧師が2週間前から入院していることを確認した。ほかに教会スタッフ5人の感染が確認されたが、既に全員が回復しているという。

バンノイ牧師は教会を通じて発表した声明で、間もなくICUを出て一般病棟に移り、その後は自宅で療養すると説明。「今のところは大丈夫だが、特にベッドから出ようとするときは、かなりの酸素補給を必要とする」とした。

教会によると、バンノイ牧師の妻も感染が確認されたが、入院はしていない。

バンノイ牧師はインターネットに掲載された7月22日の礼拝の中で、他人がマスクを着用するかどうかは気にしないとした上で、自身はマスクを着用するよう指示されることを望まないと述べていた。

さらに、市当局から礼拝の中止を命じられても従わないと言明。

7月のフェイスブックへの投稿では、マスクを着用しても新型コロナウイルスの感染は防げないと主張し、「新型コロナウイルスの原因や影響」を恐れてはならないと説いていた。

米国では感染拡大が続いている間も礼拝を行ったとして、各地で教会の指導者が罰金を命じられたり逮捕されたりしている。

"コロナパーティー"参加の30歳死亡、アメリカ・テキサス。

アメリカテキサスに、ウイルスはデマだと...COVID-19感染パーティーを開いて感染した男性が今年7月亡くなったわよね。

最期の言葉が「私は間違っていた。この(新型コロナ)ウイルスはデマだと思っていたが、そうではなかった」だったというのだから、死の間際に気付いても手遅れよ。こういうバカにはつける薬がないので、死ぬしかなかったのよ。

アメリカ・テキサス州で、新型コロナウイルスの感染者が主催した「コロナパーティー(Covid party)」に参加した男性(30)が、新型コロナウイルスに感染し死亡した。複数の現地メディアが報じた。

ガーディアンによると、死亡した男性はテキサス州サンアントニオのメソジスト病院に入院していた。生前、看護師に対して「私は間違っていた。この(新型コロナ)ウイルスはデマだと思っていたが、そうではなかった」と言い残したという。

男性が参加していた「コロナパーティー」は、新型コロナウイルスで陽性と診断された人が主催し、ウイルスが「本物」かどうかや、誰が感染するかを試す集まりだった。

南部アラバマ州タスカルーサ市でも、敢えて感染するように振る舞う「コロナパーティー」を学生が開いたことが明らかになり、問題となった。

ウイルスに感染することを目的とし、最初の感染者が賞金を獲得するルールだったという。

ぺんぺん草の独り言

アメリカでは700万人近くが感染し、20万人近くが死亡しており、最近は、キツイ後遺症があることもわかってきているのに、最低限の防御のマスクを否定し、教会での集会を続け、拡散したのは犯罪よ。

牧師がこんな人なんだから、アメリカで拡大蔓延して当然だわ。こんな牧師を治療してやる必要ないわ。残念ながら回復に向かっているということだけど、

「ベッドから出ようとするときは、かなりの酸素補給を必要とする」という状態だから、回復しても、後遺症は残りそうだわね。苦しめばいいと思う。

マスクは新型コロナを防げなくても、飛沫拡散を防ぐから、それだけでも感染拡大防止に役立つわよ。

アメリカでは新型コロナ感染パーティーで感染して死んだ男性は、死の間際に自分の愚かな行為を悔いていたけど、こういう人は、もし助かったら、あとで思い返せば大したことではなかったと言いだしそうな気がするから、死んでこの世の中にこのウイルスの恐ろしさを知らしめることができたのは、最初で最後の功績でしょ。

これら犯罪者を治療しなくてならない医療関係者は本当にお気の毒だわ。アメリカ人って、ホント、バカが多いのね!

 

おすすめの記事