エリザベス女王のクリスマスメッセージ

毎年英国ではクリスマスの25日にエリザベス女王のメッセージが放送されます。今回は今年はいつものBBC Oneでのテレビ放送に加え、英国第4の公共放送Channel 4で、”他とは違う”エリザベス女王のメッセージが流れることになりました。

ディープフェイクなエリザベス女王

「BBCでは本音を出せませんでしたが好きなことを何でも言っていい機会をくれたチャンネル4に感謝します」とエリザベス女王が語りだします。

エリザベス女王が話す姿は、ディープフェイクといわれなければまったく気付けないほど自然に見えます。もちろん語っているのはエリザベス女王本人ではなく、女優のデブラ・スティーブンソンさんです。

チャンネル4エリザベス女王

「2020年は私たちにとって試練の年でした」と語るエリザベス女王のサイドテーブルに飾られるのは、2020年に王室を離脱したヘンリー王子・メーガン妃と、未成年女子の性的人身取引を行っていたジェフリー・エプスタインとも親交が深くスキャンダルとなったアンドルー王子(ヨーク公)の顔写真です。

フェイクニュースエリザベス女王クリスマスメッセージ

そして女王は踊りだします。

チャンネル4踊るエリザベス女王

チャンネル4踊り出すエリザベス女王

テレビで放映される完全版のYOUTUBEはすぐ削除になってしまいました。が、また誰かがUPしているのでそれを貼ります。いそいで見ないと、またすぐ見れなくなりますよ~

このフェイク動画のメイキング動画はこちら↓

本物のエリザベス女王のクリスマスメッセージ

女王はクリスマスに悲しみを抱えている人たちに対し「ハグや手をぎゅっと握り締めてほしいだろう」と思いを寄せ、「あなたたちのことを考えて祈っています」と述べるなど、公の場ではなかなか口にしない感情的な表現が特徴的だったようです。

ぺんぺん草の独り言

ここまでそっくりな顔を作るのは、女王のマスクをかぶっているのか、メーキャップ技術なのか?ともかくすごいわね。

女王を演じた人はこの人よ。イギリスのコメディアンらしいけど、わたしはこの人にアカデミー主演女優賞を贈りたい~

エリザベス女王の物まねデブラ・スティーブンソン
出典:デブラ・シュティーブンソン

イギリスはやっぱ、成熟した国だわ。こういうジョークを愉しみ、王室は寛容に許している・・ように見える。

上皇に対してはとても畏れ多くて出来ないし、美智子さまが腰を振って踊っているフェイク動画を出したら、宮内庁は抗議をすだろうし、美智子さまはひっくり返って失語症になるでしょうね。

ずい分以前、週刊金曜日が寸劇をして、美智子さまをおちょくってたけど、そんなことをするのは日本ではLeft wingの人たちだというのがイギリスとの大きな違いだと思う。イギリスはジョークとして面白がってるけど、日本では皇室破壊を目論んでるんだもんね。

エリザベス女王はヘンリー王子を切ったし、アンドリュー王子には公務から身を引かせたし、悪者になってでも王室を守っているよね。

わたしは日本人だけど、エリザベス女王は大好き!

小室ごときに右往左往して切れない日本の皇室は情けないですね。

おすすめの記事