生協の組合員向けに食品などを販売する生活クラブ連合会(東京)が扱っていた犬や猫用のペットフードから、サルモネラ菌や大腸菌群が検出されていたことが23日分かった。すでに販売は中止しているが、14匹の犬が死ぬなどの被害が出た。仕入れ先の製造工場などを調べたが、汚染の原因は分かっていないという。
出典:https://mainichi.jp/articles/20190823/k00/00m/040/159000c

問題があったのは「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」

北海道栗山町の工場で製造されていた。18年4月から約4万7千個を販売し、19年1月以降、ペットに嘔吐や下痢などの被害の相談があり、3月に販売を中止した。調査によると、計68匹の犬と猫に症状が出て14匹の犬が死んだ。(共同)毎日新聞
出典:https://mainichi.jp/articles/20190823/k00/00m/040/159000c

ぺんぺん草の独り言

ささみ無塩干しペットフード
出典:https://mainichi.jp/articles/20190823/k00/00m/040/159000c

愛犬家にとって犬は子供であり恋人なのよ。それなのに、ペットフードを食べたために死んだのであれば、原因がわかってなくても、生活クラブ連合会は謝罪と、慰謝料支払いが必要でしょうね。

これさえ与えなあったら死ななかったと、飼い主は生涯悔やむことになるわよ。毎年何万頭も殺処分されている日本だから、14匹くらい死んでもなんとないかもしれないけど、子供がおやつを食べて14人死んだら、その会社は経営を続けていけないわよ。犬だからそのまま営業を続けているのだから、法律は遅れているわね。

早く原因を突き止めなさいよ!それが生活クラブ連合会が今、すべきことよ。

おすすめの記事