ディミトロフ、新型コロナ陽性からの復帰の難しさに言及
出典:https://tennisclassic.jp/article/detail/677

ジョコビッチが開催したテニスツアーでCOVID-19に感染したディミトロフは回復したけど、今もCOVID-19の影響で、「最高レベルのプレーができない」状態だそうよ。ジョコビッチも感染したけど、症状は出ないで、いたって元気。腹が立つ。

ディミトロフ、新型コロナ陽性までの経緯

ジョコビッチがCOVID-19感染対策ゼロの大会を開催したのは6月。

ジョコビッチ主催、感染対策ゼロの大会始まる

4000人の観客を入れて、ショーシャルディスタンスはゼロ。夜はジョコビッチ主催のナイトクラブで遊びまくり。

感染は起こるべくして発生し、気の毒にディミトロフ発症。

するとジョコビッチの父親が最初の感染者である「ディミトロフのせいだ」と、まさかの主張を展開。

ジョコビッチの父が暴論を展開

ジョコビッチも感染したが、症状が出ることもなくあっさり回復。しかしセルビアと仲が悪いクロアチアでは、ジョコビッチ殺害予告が出て、ちょっと興味津々~だった。

ジョコビッチを脅迫・クロアチアで憎悪の落書き

ディミトロフの症状は重かった

「ウイルスは僕には辛かったし、1ヵ月ほど家にいた。呼吸もうまくできなかったし、体調も良くなかったんだ。疲れていて、(新型コロナウイルスの)すべての症状が出て、味覚も嗅覚もなく、考えられるすべての症状が出ていたので、何もかもが楽しくなかった」と、辛い日々を過ごしていたという。

さらに、「もちろん精神的にも戦っていた。20日間、一日中一人でいることになるため、多くのことが頭の中を駆け巡ったよ」と、肉体的にも精神的にもタフだったとした。

ぺんぺん草の独り言

世界ランキング19位のグリゴール・ディミトロフ選手(ブルガリア)は、復帰戦となったUTSでは、リシャール・ガスケ(フランス)に0‐4のストレート負け。さらに、2試合目となったフェリシアーノ・ロペス(スペイン)戦でも2‐3で敗れている。

練習が万全でないのだから、今は負けても仕方ないわよ。

呼吸も万全ではないかもしれないし、味覚臭覚が戻ってなければ、食欲だって出ないでしょ。

ディミトロフが闘病している間も、ジョコビッチは練習しているし、ティームは非公式戦で次々勝って体調は万全だと言ってんだから、なんだかな~と思っちゃう。

スポーツ選手は体力があるので軽く済むとは限ってない証拠だわね。COVID-19、重症化するかしないか、後遺症が出るか出ないかが運による。

だから絶対に感染しないほうがいいのよ。

ワクチンがないのだから、With COVID-19でいくしかないのよ。若い人達、マスクして頂戴。

おすすめの記事