全豪オープンテニス後半戦へ

全豪オープンテニスは120人以上の選手が参加して男女それぞれ4人に絞られました。

昨日、大坂なおみは台湾の謝淑薇選手を楽々勝って今日はセリーナ・ウイリアムズです。わたしは台湾の謝淑薇選手を応援していました。しかし全く歯が立たなかったですね。オンデマンドで途中まで見て、疲れるのでやめました。

ティームに勝ったディミトロフに勝ち上がってほしかったですが、2セット以降に背中に筋肉がけいれんを起こし、そのすきにカラツェフが勝ってしまいました。

カラツェフって初めてきく名前で、わたしだけが知らないのだと思っていたら、予選から勝ち上がったグランドスラム初出場の選手でした。ロシアの選手です。

世界ランキング114位で予選を突破した人がベスト4に残るのは史上初らしいですよ。しかも年齢は27歳です。ティームも27歳で、年を取ったと書いているい人がいたけど、カラツェフ選手は27歳で初出場ですよ。まだまだ若いですよ。

さて、昨日の夜、ジョコビッチ×ズベレフの試合があったので、それを流し見してたら、ジョコビッチならではの、すごい光景に出くわしました。

怒りでラケットを破壊するジョコビッチ

ラケットを破壊したあと、ボールガールがほうきとチリ取りを持って、残骸を掃除しに来てたわよ。ジョコビッチは自分の思い通りのプレーが出来なかったら喚いたり、ラケットを破壊したり、審判にしつこく抗議したり、ちょっと目や表情が異常、イッてるヮ。

上位の選手でラケットを投げたり破壊するのは、最近では大坂なおみぐらいかな?

ジョコビッチは世界ランキング1位ですよ。大相撲なら横綱よ。それが負けそうになったら暴れだすって、動くないですかあ?

コートと近い色のウエアを着て、ボールの行方を見にくくするのは毎度のことで、劣勢になると、トレイ休憩を称して、どこかに行ってしまって、時間をオーバーしても帰ってこない。昨年の全豪の決勝、ティーム戦では、その戦法でしたヮ。棄権するんでしょうか?と解説者が言うほど、帰ってこない。それによって対戦相手の気持ちをかく乱させるのが目的で、作戦成功でその後、逆転してジョコビッチが優勝しました・・・よ!

ともかく勝つためなら手段を選ばない世界1位ですヮ。

横綱白鵬が立ち会いでさっと身をかわしたり、張り手をしたり、自分の呼吸が合うまで何度も【待った】をしたり。。


(↑2分23秒頃から)

今までの横綱は白鵬はこんな卑怯な立ち合いはしなかった。下の力士をどんっと胸で受け止め、投げ飛ばしていた。白鵬も勝つためなら、手段を選ばない卑怯者だわね。ジョコはテニス界の白鵬なのね~。

だからジョコビッチは尊敬されない。いい人のふりをしたら偽善者と即、批判されるのは試合マナーが酷いから。この人の人間性を垣間見ているから、いい人のふりをしたって大嫌いですよ~~だ!

エキシビション大会「アドリア・ツアー」ジョコビッチ ティーム

ジョコビッチ主催のエキシビションにズベレフもティームもディミトロフも参加して、友好な関係を保っているようだけど、周りの人が大人だから成り立っているだけだと思うわ。

正直書くと、大坂なおみ以外が優勝してほしい。セリーナでもいい。

他の選手が体調を悪くしたり、疲れが出る中、彼女は今、絶好調で調子に乗っているけど、そういう人を見ると、わたしはひねくれているから、すごく気持ちが沈む・・。

強い選手になると、発言権が増し、森さんの発言にまで口を出す。今は何を言っても許される状況になっているから、人生最高潮よね。

彼女は常に勝つことを求められて苦しいだろうけど、もう、悲願の優勝って感じはしないから、優勝したとしても感動しないわ。

最悪の日は教訓になる

完敗したティームは、いまのところ、更新がないけど、ファンは勝手にいろいろ書いて更新しているので、案外それも楽しいのよ。

この投稿をInstagramで見る

 

@domithiem03_fpがシェアした投稿

ぺんぺん草の独り言

今回の大会はコロナ禍で十分準備が出来ない人が多い中、体力がある人が勝つ。勝ちさえすれば、少々ウザイことをしつこく言っても称賛される。学校で勉強さえできたら、なんでも許されたのと同じね~。

おすすめの記事