2019年の全米オープンテニスは波乱が続いていいて、フェデラーが準々決勝でグリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)に敗れ、3年ぶり4大大会(全豪、全仏、全英、全米)で優勝なし。ディミトロフとは、過去7戦して一度も負けたことがなかったが黒星。

続いて、ジョコビッチが準決勝でワウリンカ(スイス)との試合が4─6、5─7、1─2となったところで肩の負傷により途中棄権。

残るはナダル。ナダルは圧倒的な力を見せつけて決勝戦へ進出。決勝は第5シードのダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev、ロシア)

ジョコビッチが万全でないとネットで見たけど、途中棄権した後、彼が言った言葉、なんとも心にしみたたのよね・・。

テニス界四天王

フェデラー38歳。4大大会優勝回数: 20回(豪6・仏1・英8・米5)

2020年東京オリンピック開催が決まった時、錦織くんが「その頃はフェデラーも引退いているだろうから~」と冗談っぽく言ったのよ。しかし今年、優勝はなかったけど、全英で錦織戦で、圧倒的な力を見せつけて、決勝ではジョコビッチに負けはしたけど、あの試合はどちらが勝ってもおかしくない激戦、接戦だったから、38歳にして、まだテニス界に君臨しているのよね・・。

ジョコビッチ32歳。4大大会優勝回数:16回(豪7・仏1・英5・米3)。
男子史上3人目となるグランドスラム4大会連続優勝している怪物。

ナダル33歳。4大大会優勝回数18回:(豪1・仏12・英2・米3)
マスターズ1000で歴代最多35回優勝。

マレー32歳。4大大会優勝回数3回(米1・英2)
2017年ケガでランキング1位から陥落。
2018年右股関節付近の手術で長期離脱。
2019年股関節の手術。ダブルスで復帰
14年ぶりにチャレンジャーツアーに参戦。復帰後シングルス初白星

少しずつ世代交代は始まっているが、あと数年はこのままだと思う

ジョコビッチ

★2017年、ジョコビッチは怪我で長期療養を発表。2017年の全大会を欠場した。

ナダル

★2019年、ナダルは膝の怪我でATP1000 インディアンウェルズ準決勝を試合前棄権。しかし2019年得意のクレーコートの全仏で優勝。

マレー

★マレーは上に書いている通り。チャレンジャーツアーは

ATPツアー

ATPツアーの下から2番目。さすがに勝つだろうと思ってたけど、元世界ランキング1位の選手が出るトーナメントではないわ。

対戦相手はどんなに頑張っても絶対に試合で出会えない相手だから、記念になったと思う・・。

フェデラー

★ほとんどけがなし。錦織君はフェデラーが怪我がないことについてインタビューで語っているわよ。

ATP(男子プロテニス協会)によると、錦織は「もちろん彼は誰よりもきついトレーニングをしている。あまり見ることはないけど、すごくきついトレーニングをしているに違いないと思う」とフェデラーについて話している。
また「彼はとてもスムーズなプレーをする。どんなショットを打つ時も、全く身体にストレスをかけていないように見える。それが、彼があまり怪我をしない最大の理由だと思う」と長きにわたって活躍できる理由を分析した。

しかしそんなフェデラーも2016年、お風呂掃除をしていて怪我をしている。双子の娘たちのためにお風呂の準備をしている際、振り返ろうとしたときに左膝が嫌な音を立てたらしい。膝はすぐに腫れ始め、数日後に内視鏡で半月板の再建手術を受けた。

振り返っただけで普通は半月板を損傷しないので、やはり長年の酷使で、徐々に怪我をしやすくなっているのは事実みたいなんだけどね。

ぺんぺん草の独り言

この4人は40年ほど前のボルグが4人いるようなもので、その時代にあたってしまった選手は不運だと思うわ。もしこの4人の出現、がせめて10年ずつくらいずれていたら、錦織くんは多分、4大大会、ATPツアー1000で何回か、優勝していると思うわ。

準々決勝でフェデラー、準決勝でナダル、決勝でジョコビッチって、鉄人の体力でなければ、突破できないと思うのよね・・。

フェデラー、ナダル、ジョコビッチ以外のトップ10の選手は、時代と試合の組み合わせによって、大きく勝敗に影響すると思う。

しかし、ここ数年、鉄人、ジョコビッチが怪我をするようになって、やはり、年齢からくる疲労がたまっていると思われるのよね。

途中棄権なんてあんまり今までなかったと思う。

大会連覇の夢が絶たれた後、それでもジョコビッチは、「人生は続く」と言ったそうで、その通りだと思うわ。今回負けても、テニス人生はまだ続き、テニスを引退しても、人生は続くのよね。

ジョコビッチは9月30日からの楽天ジャパンオープンには出るらしいわ。

怪我してんだから、無理して出なくていいのに・・・。主催者側はジョコビッチのような誰でも知っている有名選手が来てくれたら切符が飛ぶように売れるから、是非来て頂戴、とお招きするんだろうけど、錦織くんに絶対、優勝してほしいから、ジョコビッチは邪魔だわ。

錦織くんは思い返せば2014年が今のところは、ピークだったと思う。

2014年全米オープンでジョコに勝って決勝戦進出。
この時、ジョコは負けるはずがないと思ってたでしょうね~。でも錦織くんが勝った~!

そして同年、楽天ジャパンオープンで優勝!したのよ。

その時の錦織圭くんの喜びのブログを読んで頂戴~!

優勝が決まった瞬間、錦織くんは感極まって涙腺が崩壊して、コーチのマイケル・チャンのもとに駆け寄ってハグしたのよ~。テニスが好きな人は全員、もらい泣きしたはず。昨年は決勝で負けて、今年こそはまた、優勝の涙を見たいのよ!

来なくていいよ、ジョコビッチ。ゆっくり養生して頂戴よ。

楽天オープンはATP500の位置づけの大会だから、ポイントが大きいからね。

楽天オープンはwowow で9月30日(月)~10月6日(日)連日生中継されます。wowow加入されている方は是非ご覧になって応援してください~!

wowowはネットですぐ申し込めます。私もネットで申し込みました。

wowow加入方法

10月にはフェデラーが来日して、有明コロシアムで錦織くんとエキシビションマッチをします。

ユニクロ主催です。フェデラーもユニクロの宣伝をしているので、日本に来るんだろうけど、フェデラー対錦織くんをエキシビションマッチとはいえ、日本で見れるのはすごいことです。多分、チケットは即日完売でしょうね。

観戦チケットの販売開始は9月21日(土)から。

収益の一部は、ユニクロが行うチャリティ活動に寄付されるそうです。

フェデラーの年収は約83億円、錦織くんは38億円。この金額をみたら、ばかばかしくなって、普通に働くのがイヤになりますね。トーナメントで稼ぐ賞金より、錦織くんはスポンサーからの収入が多いです。

だからフェデラーと錦織くんはユニクロの契約は絶対です・・・。

エキシビションマッチだから、お互いに疲れないように、怪我しないように、いいショットをどんどん出して観客を喜ばす試合になるでしょう・・。

しかしフェデラーとのエキシビションマッチでいい試合の勘を取り戻すことができたら、ATP ツアーファイナル、来年につながるから頑張ってほしい。錦織くんも30歳になって、下からは追い上げられ、トップ3はしばらくは健在だから、毎年今年で終わりという気持ちでやっていかないとだめだもんね。そんなこと本人が一番わかっていると思うけど。

全米オープンが終われば後は大きな大会はATP ファイナルを残すだけと思いますが、あとの時間は何してるのかしらん?と思いそうになるけど、スポンサーの要請でCM撮影、イベント出演、エキシビションマッチに出たりと、休む暇なし。

金持ち暇なし

ということね。貧乏暇なしのぺんぺん草は羨ましく思います・・・。

おすすめの記事