2021年天皇陛下、種もみをまく「お手まき」

天皇陛下が昨日、2021年の豊作を願い、稲の種もみをまかれました~。

天皇陛下が種もみまき

ジャンパー姿の陛下が、6日午前11時ごろ、皇居内の苗代にご到着~。

2021年天皇陛下がたねもみまき

いつ見ても、平和なご表情ね~。

稲作は、昭和天皇が始めたもので、上皇さまから陛下へと引き継がれ、その年の豊作を願い、種もみをまくところから、稲の刈り取りまで取り組まれている。

2021年天皇陛下が種もみまき2

陛下は、うるち米のニホンマサリと、もち米のマンゲツモチの種もみを、マスク姿の側近から受け取り、土の上に丁寧にまかれた。

2021年天皇陛下種もみまき3

種もみは、およそ40日で苗に育ち、陛下は、5月に自ら田植えをされ、秋に収穫した米は、宮中祭祀(さいし)などに使われる。
出典:天皇陛下が種もみまき ことしの豊作願い...

ぺんぺん草の独り言

昭和天皇から始めたことなので、長い伝統行事というわけではないけど、これが100年以上続けば伝統行事になるんだから、受け継いでいかないとね。

単なる儀式であって、お世話は専門家がやっているんだろうけど、天皇がまいた種から稲穂が実るという、有難さがあり、宮中祭祀に使われるのよね~。

台風の被害なく、無事の収穫を祈ります。

しかし眞子サンがまいた悪事の種は雑草を茂らせているから、早く、除草剤をまいて、根こそぎ、枯らしてしまわないといけませんね!

おすすめの記事