上皇后さま(84)の乳がん摘出手術が8日午前10時頃、東京都文京区の東大病院で始まった。

上皇さまが手術前の上皇后をお見舞い

上皇が上皇后のお見舞い
出典:時事通信
上皇さまは8日午前、東大病院を訪れ、手術前の上皇后さまを見舞われたそうです。

手術は全身麻酔で行われ、乳房を残す温存手術によって左胸のがん組織とその周辺を摘出する。麻酔を含め、手術室を出るまでには4時間ほどかかる見通し。

上皇后さまは7月の定期健診で左乳腺に腫瘤(しゅりゅう)が見つかった。その後、比較的早期の乳がんと診断され、追加検査の結果、初期の「ステージ(病期)1」で明らかな転移はないと判断された。

手術は、長年上皇后さまの健診を担当してきた静岡県立静岡がんセンター乳腺外科の医師と東大病院乳腺・内分泌外科の医師が担当する。上皇后さまは7日午前に入院し、最終検査を受けられた。

 上皇さまは8日午前、東大病院を訪れ、手術前の上皇后さまを見舞われた。

ぺんぺん草の独り言

上皇さまは心配でたまらないと思うわ。黒田清子さんはすぐにはお見舞いに行きにくいから、その分、余計に心配されていると思う。

静岡県立静岡がんセンター乳腺外科と東大病院乳腺・内分泌外科の最高級の先生が担当だから大丈夫よね。看護師さんも師長クラスの人ばかりが担当になっていると思うので、しっかりケアしてもらえると思うから、その点は安心ね。

高齢での手術は大変だけど、年齢が高くなると、ガンの進行は遅いから、手術を乗り切ったら100歳近くまで長生きされるかも~。

乳がんは珍しい病気ではなく、同じ病気で闘病している人は多いはず。元気になってまた来年草津でピアノを弾く姿を見せるのが、同じ病気の人の励みになるでしょ。

今日はまじめに無事手術が終わることを祈ってます・・・。

おすすめの記事