天皇皇后両陛下は、記録的な豪雨で大きな被害が出ている熊本県の蒲島知事に対し、側近を通じてお見舞いの気持ちなどを伝えられました。NHK

天皇皇后雅子さまお見舞いの気持ちを伝えられる

天皇皇后雅子さま豪雨被害の熊本にお見舞いを伝える

宮内庁によりますと、両陛下は、大雨が続いたことで被害が拡大して多くの人々が犠牲になり、依然として多くの人が行方不明であること、西日本を中心として全国で多くの人たちが被災していることに、大変心を痛められているということです。

また新型コロナウイルス対策のため、災害対応も難しさが増している中で、日夜努力している関係者の労苦に対し、ねぎらいの気持ちを持たれているということです。

そして、20日午前、被害の規模が特に甚大だった熊本県の蒲島郁夫知事に対し、小田野侍従長を通じて、犠牲者を悼む気持ちや、遺族や被害を受けた人たちへのお見舞いの気持ち、それに災害対策に従事している関係者をねぎらう気持ちを伝えられたということです。

ぺんぺん草の独り言

口で言うのは誰でも出来る・・・なんて思わないよ。

公務がないのでテレビなどで被害状況をご覧になってたんでしょう。

ちょっと落ち着いたら、熊本県知事を御所に呼んで、説明を受けられるんじゃないの?

平成時代は被災地が全く落ち着いていないときから、天皇皇后(当時)が現地に行く行く行くと騒がしく、両陛下のためにトイレを設置したり、昼食の準備をしたり、各自自治体のえらい人は復旧業務から離れなきゃならなかったので大変だったということよ。

令和、特に今はコロナ禍だから、天皇皇后は移動が出来ないので、被災地は天皇皇后が来る心配がないし、雅子さまも行かなくていいので両者、よかったという感じかも。

しかし、地方公務をしなくていい代わりに、夏の須崎御用邸、那須御用邸の、ご静養のハシゴが出来なくなるし、来年3月のスキーも多分無理。

雅子さま、残念でしょうね・・・。

おすすめの記事