皇居で宮中祭祀「神嘗祭」

天皇皇后両陛下は17日、皇居を訪れ、秋の実りに感謝する宮中祭祀「神嘗祭」に臨まれた。

午前8時ごろ、マスク姿の皇后さまは、皇居・半蔵門に到着され、

2020年雅子さま宮中祭祀「神嘗祭」に臨まれる

午前9時すぎには、陛下も皇居の宮中三殿に向かわれた。

宮中祭祀2020年「神嘗祭」天皇陛下

宮中三殿では、天照大神に新米を供え、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する「神嘗祭 賢所の儀」が行われ、両陛下は装束姿で拝礼された。

11月8日に「立皇嗣の礼」に臨む秋篠宮さまや紀子さま、

2020年「神嘗祭」秋篠宮さま紀子さま

長女の眞子さま、佳子さまなど

2020年「神嘗祭」眞子さま佳子さま

皇族方も参列され、

「神嘗祭」2020年承子さま

久子さまは承子さまと乗ってられたけど、ぼやけて見えませんでした。

2020年「神嘗祭」彬子さま瑤子さま
出典:日テレニュースより

陛下が皇居で自ら育て、収穫された稲は、同じく「神嘗祭」が行われる伊勢神宮にも供えられた。

2020年「神嘗祭」天皇陛下

画像はスクショなんでひどくぼやけている~。きれいな画像がでたら、追加します。

ぺんぺん草の独り言

雅子さまは装束に着替えるのに、女性は時間が男性よりかかるので、天皇より1時間早く午前8時に皇居入り。

頑張ってるね。

皇太子妃として(当時)当たり前のことが今までできなかったんだけど、皇后になってからは、できるようになったのだからよかったと思うよ。当たり前のことをやって絶賛してもらえるようにした雅子さまはすごいと思います。

瑤子さまは相変わらず、髪を後ろでゴムでひとくくりにして、祭祀に臨む感じではないけど、こういう人なんでしょうね・・・。

おすすめの記事