難病の女性がSNSで知り合った医師に依頼して安楽死したニュースは大きく取り上げられました。その直前には若手俳優が自宅マンションで自殺をして、実はかなり気持ちが落ちていたところに安楽死のニュースを見てさらに、さまざま考える連休を過ごしています。



わたしがまだ若かった頃、日本で初めて医師による安楽死が東海大学附属病院で発生し、大きな社会問題になりました。治癒する可能性はなく苦しみ続けている患者を見かねた家族が担当医に依頼したのでした。

日本では安楽死は認められておらず、殺人です。この医者は懲役2年に執行猶予が付いたと記憶しています。

当時わたしはまだ若く、切実ではありませんでしたが、今回の安楽死事例はインパクトがあり、生きる権利、死ぬ権利について考えさせられています。

今回の安楽死に関してのネット掲示板には、ほぼ全員の人が自分も安楽死した女性の立場になれば、安楽死を望む、そうでなければ進行するまでに自殺するという意見で埋め尽くされていました。

東海大学病院の安楽死問題からかなりの年数がたっているのに、全く日本では議題にすら乗ることはなく、ずっとタブー視されてきました。が、これでやっと議論くらいは始まるのではないか・・と思ったら、

・実行した医者が優生学思想の、かなり問題のある人で、しかも主治医ではなかったこと。

・同じ難病を患っている国会議員が難病患者の生きる権利を奪うのかと投稿したこと。

この二つで、障害者差別に話がすり替わりそうで、議論すら行われないだろうと思いました。

しかし議論くらいはしてもいいのではないでしょうか。

脳死は人の死か否かを決めるときも、議論は難航しました。日本人はずっと心臓停止こそが死と思ってきたので、かなりの時間を費やし、テレビ討論が幾度も行われました。

現在は、医学的条件を満たしているとき、脳死は人の死と認められ、本人が生前意思表示している、あるいは遺族が希望する場合のみ、臓器提供を申しで出ることが出来ることになっていると思います。

担当医が臓器提供を強制することはできません。提案されても拒否できます。

安楽死も厳しい医学的条件を付け、条件を満たしているとき、認めるかどうか・・・くらいは話し合ってもいいのではないか、と思うのですが・・・。

治る見込みのない病気などになり、死にたいと思っても、それを乗り越え、夢や希望を見いだせる人がいます。

だから同じ状況でも人さまざまです。

日本の医学は生きさせることばかりで、安らかに送ってくれることはしません。

多くの人の最期は、尊厳が失われ、心身ともに苦しんでやっと黄泉の世界に旅立てるのです。

それを思った時、決して誰からも強制されることなく自分の意思で、免許証の裏に、臓器提供の意思表示をするように、もしこういう状況になったら、安楽死を望む、と書き記せたら、わたしは、気持ちが楽になるだろうと思います。

議論をしようとTweetしただけで批判が集まっている。

議論すらできない。

尊厳を持って死ぬ権利を議論することで、生きる権利を奪うことなどない。ある種の団体が議論することさえ許さない。

今度生まれ変わったら安楽死が認められている国に生まれたい。

おすすめの記事