昨晩、小室圭がお抱え弁護士上芝氏所属の事務所で、母親がたらしこんだ男性(元婚約者)と面会し、金を振り込ことで合意したようです。

元婚約者はひとこと、今までありがとうと言ってほしかったんでしょうが、小室の表情からして、怒りの憎しみだけだったようですよ。

関係者によると、元婚約者の男性は黒いハット、スーツに蝶ネクタイ姿で弁護士事務所に現れ、小室さんと約1時間半にわたって話し合ったという。
小室さんはこれまで、金銭トラブルはなかったという見解を示していたが、元婚約者に対し「長い間、つらい思いをさせてしまって申し訳ありません。私たちを支えてくださったことは、今でも感謝しています」と伝え、解決金を手渡したという。

「長い間、つらい思いをさせてしまって申し訳ありません。私たちを支えてくださったことは、今でも感謝しています」

元婚約者の独占手記にはそんなことどこにも書いてないよ。元宮内庁職員山下ってホントに嘘つきですね。

独占手記が公表されたので、週刊誌に利用されて、稼がせているだけだとテレビのコメンテーター、特に山下が口言うでしょうが、

山下晋司

責任はさっさと金を返さなかった小室側にあるのです。

元婚約者は今でもズベコー佳代に未練があり、お金も返してほしいが、同じくらい、ありがとうのひとことが欲しい寂しい老人なんだな、と思いました。

元婚約者の独占手記

〈8人掛けのテーブルが置かれただけの無機質な部屋で、圭君と私は10数年ぶりに対面しました。二人の間にはアクリル板が置かれ、互いにマスクをしたまま。私は久しぶりに会った彼を見て「お父さんの敏勝さんに似てきたな」と思いました。しかし、彼の表情は固く、私が知っている昔の圭君とは随分印象が変わっていました。

交渉当日、私は仕事が終わったあと、代理人と合流し、夜8時少し前に表参道の事務所に到着しました。

事務所に入ると、最初は4人掛けのテーブルだけが置かれた小さな部屋に通されました。

私は事前に代理人を通じて、「圭君と2人で話がしたい」という希望を伝えていました。そのほうが率直に、本音で話しあえると思ったからです。しかし、交渉直前の別室で先方の代理人より「互いの代理人を交えた4名での交渉でお願いしたい」という申し出がありました。

私の希望とは違う形でしたが、ここで揉めて交渉が台無しになってはどうしようもないと思い、了承しました。

 

 

 

元婚約者が譲歩したってことね

 

8人掛けのテーブルを挟んで私と圭君が向かい合い、同じテーブルの端に互いの代理人が座るという形式でした。

圭君は最初に「学生のとき、Aさんに色々なことをしてもらったことは感謝しています」と言いました。しかし、「母と一方的に婚約破棄をしたこと、そして様々なことを週刊誌に暴露したことは大変悲しいです」とも言いました。

何度もお伝えしているとおり、私が佳代さんとの婚約を解消したのは、度重なるおカネの無心に耐えられなくなったことが原因です。その借金をなかったことにされていることに納得ができなかったので、メディアの方々に自分の周りで起きた事実を語ったのです。

 

 

 

メディアで騒がれなかったら、永遠に金を返すことはなかっただろうさ。何が一方的に婚約破棄か!金ずるにしてたのにね。

 

しかし、彼は「学生の頃はAさんのことを紳士だと思っていました。しかしAさんがやっていることは、紳士だったAさんとは乖離していませんか。せめて一本、直接連絡をしてほしかった」と言われました。

 

 

 

お人好しの紳士を騙して、金を引き出すことは悪いことですよ。連絡が来てたら、金を払ってただろうか?無視し続けてたんじゃないかな?

 

彼が何度も「悲しい」と繰り返すので、私は「それは申し訳なかった」と頭を下げました。圭君のことは一時は自分の子ども同然に思っていましたから、その彼から「悲しい」と言われれば、私も申し訳ない気持ちになります。

ただ、私はおカネを貸したほうの立場ですし、佳代さんや彼からいつ連絡があってもいいように、電話番号もそのままにしていたのです。彼からそう繰り返されて、胸にものが詰まったような気分になったことは確かです。交渉を通じて向こうから謝罪の言葉のようなものはありませんでした。

私は昔、佳代さんと婚約していたころの圭君との思い出話をしました。彼が私の家に来て、一緒にDVDを観た話などです。昔話をすることで、くだけた、おたがいに率直に話しをしやすい雰囲気になればと思ったからです。しかし、それらの話をしても彼の表情は変わることはありませんでした。

私はもちろん「結婚おめでとう」「司法試験は残念だったね。でも、学生時代から、圭君のがんばりはよく知っているから、絶対次の試験は大丈夫だよ」ということも伝えました。

しかし彼の表情は緩むことはなく、私が「ただ圭君を気持ちよく送り出したいんです」と言うと、訝(いぶか)しそうな顔をしていました。交渉の最中、ずっと彼は悲しそうな、うらめしそうな表情をしていたのが印象的でした。

交渉の最後のほうで、彼が解決金の話を切り出しました。

私は何度も彼が「悲しい」という言葉を繰り返すのに、辛い気持ちになっていました。

私はこの問題が一刻も早く解決し、彼がなんの心残りもなく旅立ってほしいと思ってきました。そして交渉の場で、昔の仲が良かったころのように少しでも話せたらと思ったのです。

しかし、その思いはかないませんでした。ただ、だからといって、この問題をこれ以上長引かせてはいけないという思いは強く持っていました。それで、私は諦めと、無念さを持ちながら、確認書にサインをしたのです。

形式的なものではありますが、交渉の最初と最後に圭君と握手をしました。最初は普通だったのですが、最後に握手したとき、彼の手はびっくりするほど冷たくなっていました。彼も緊張していたのかもしれません。

私はこの話し合いで、すべての問題が解決したらいいと思っていました。

そしてお互いに「色々あったけど、申し訳なかったね」

「こちらこそすみませんでした」

と労わりの声を掛け合えたらと思っていたのです。

しかし、決してそうはなりませんでした。わだかまりが消えたとは、言えません。

ぺんぺん草の独り言

小室圭にしたら、こいつがマスコミに垂れ込まなかったら、4年前に眞子と結婚して、今頃は、お飾りの名誉職で楽して暮らしているか、NYの国連に勤めるかしていたはずだと思って、目の前の老人が憎くてたまらなかったんじゃないかしらね。

4年前、眞子との婚約内定情報が流れた途端に、小室圭自身のいかがわしい画像が出回り、この人は内親王の結婚相手としてはふさわしくないと思ったけど決定打がなく、このまま納采の儀に進むと当時は思ってた。

この金銭トラブルがとどめとなって、納采の儀延期になったんだから、小室と眞子は元婚約者が憎いだろうけど、わたしはよく頑張ってくれたと思ってる。

Kにしたら、こいつが金銭トラブルを週刊誌に垂れ込みをしなければ、NY州弁護士試験受験なんて自分の能力とかけ離れたことをさせられずに済んだし、試験に落ちて恥をかかされることもなかった、という思いがあるでしょうね。

そもそも、元婚約者は、信じがたいことだけど、佳代のことが好きで本気で結婚したかったのよ。家族になりたかったのよ。

しかし佳代は元婚約者を単なる金ずるとしか見ておらず、結婚はしていなかったので、後妻業とまではいかないが、これはほぼ結婚詐欺でしょ。元婚約者が詐欺に遇ったと思ってないだけ。かつては一瞬でも自分のことを佳代が愛してくれたと思っているので、会って確かめたかったんでしょうね。

もし元婚約者の死亡保険金が10倍の5000万円だったらこの元婚約者は今頃、どうなってたか、わからないような気がする。

元婚約者は昔話をすることで、くだけた、おたがいに率直に話しをしやすい雰囲気になればと思ったらしいが、小室側は利用しただけだったから、率直に話し合うなんてあり得ないことなのよ。

きっと、元宮内庁職員は、小室側を褒めたたえ、元婚約者のことをボロカスに言うだろうけど、元婚約者が週刊誌に利用されようが、小室佳代、圭親子の人格が露わになったので、よかったと思う。

遺族年金問題は証拠のメールなどを裁判になっても出すなと言われ、サインをしたかもしれないね。

たった1時間で終わることを、4年以上もマスコミにボロクソ書かれながらも放置したのは、金を出したくなかったからでしょ。金目的の結婚ではないと言い張るのであれば、結婚前に金を渡しておくべきだった。

今年、4月、28枚の小室文書を出した数日後、突如として金を渡すと言い放ったんだから、夏までには金を送金できたはず。今回NYから帰ってきて入籍前に片づける最優先だったけどしないで、入籍後なったから、永久に眞子の財布から金が出たと言われ続けるよ。

やっぱり金ずるにしている、金目的の結婚と言われても仕方がないことをしているね。

ともかくKの母親が、皇室関係となることはありえない人物だと、改めて思う。

 

しかしKもその母親に育てられただけあって、就職先に経歴を詐称した履歴書を出したり、すぐわかる嘘をついている。ホントに卑しさしか感じない親子。外見は仕方ないとしても、中身、これを良いと思う眞子サンの品性を疑うわ。

山下だって、これは結婚詐欺案件だと思っているでしょうが、今後も皇室をアゲアゲすることで飯を食っていくので、眞子をたぶらかした小室親子までも美化してるんですね。

元婚約者には気の毒だけど、死亡保険金が5000万以上あったらよかったのにって思うわ。元婚約者も自殺し、保険金を佳代が受け取っていたら。。それでも捜査しないで結婚してたかな~www

眞子が産む子供は佳代の血も入っているのよね。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

おすすめの記事