餌を食べすぎて飛べなくなったとみられるフクロウ
出典:https://news.livedoor.com/article/detail/17740450/

イングランド東部サフォークで3日、飛べなくなったフクロウが保護された。 調べた結果、フクロウはネズミを大量に食べ、太り過ぎていたことが判明。保護施設でダイエットをする羽目になり、27日に野生に戻されたそうです。

肥満のフクロウ、飛べなくなって保護される

保護されたのは小型のフクロウの仲間、コキンメフクロウのメスで、排水路の中でずぶ濡れになって動けなくなっているのを通りがかった人が見つけ、今月3日、フクロウ保護施設に救助された。

同施設は当初、飛べないのはけがをしているか、体が濡れたためだと思っていたという。

ところが体が乾き、けががないことが確認されてもまだ、うまく飛べない様子だった。

ペットとして飼われていた可能性も考えたものの、ペットのフクロウに与えられる一般的な餌よりも、野生のフクロウが捕食する餌を好んで食べたことから、飼育されていた可能性は低いと判断した。

「徹底的に調べた結果、何も問題はないことが分かった。ただし異常に太り過ぎだったことを除けばの話だが。このフクロウはものすごいぽっちゃり系だった」。施設長のルーファス・サムキン氏はそう語る。

このフクロウは、同施設にいる平均的なメスのフクロウに比べても体が相当大きく、特に大腿部や腹部の周りに大量の脂肪が堆積(たいせき)していた。

やっぱ、肥満は腹回りから~なのよね~。

発見された場所を調べたところ、野生のネズミが大量に繁殖していたことが判明。「つまり、彼女は過度な暴食にふけり過ぎて丸々と太ったところで体が濡れ、肥満のあまり飛べなくなったのだと思う」(サムキン氏)

ネズミを食べてくれるんだからフクロウっていい鳥だわ。しかし、飛べなくなるほど腹回りに脂肪をためるとは!

同施設はこのフクロウに2週間のダイエットをさせて健康な体重に戻し、発見された場所で27日に野生に戻した。「ダイエットが教訓になればいいのだが」とサムキン氏は話している。

たった2週間で元の体重に戻った?すごい

CNN.co.jp

ぺんぺん草の独り言

太りすぎで飛べなくなったフクロウ

犬カフェ猫カフェと並んで最近はふくろうカフェも人気よね。案外かわいいものなのよね、フクロウって。ダイエットして自然界に戻ったらしいけど、野生のねずみが大量に繁殖している元の場所にまた行くかもよ。太りすぎは体に悪いけど、ねずみを食べてくれるのは有難いわよ。

犬、猫、トラ、サルの肥満はわかりやすいけど・・・フクロウの肥満はわかりにくい。

太っているのか?これが標準なのか?ちょっと見ただけではわからないわ。

空を飛べなくなってもいいから食べたいと思うか?大空を飛ぶことが気持ちいいから、太りすぎないようにしようと思うか?

自然界に戻ったら、フクロウが決めること。また大量のネズミを食べているような気がする~

おすすめの記事