ロサンゼルスに移住した、ヘンリー元王子とその妻、メーガンが、重病を抱える人々に食事を届けるため、夫妻はロサンゼルスの街でデリバリーのボランティア活動に従事していたことが明らかになりなした~。

外出を控えるようにと言われている中で!とまた批判する人もいるだろうけど、“ソーシャル・ディスタンシング”のガイドラインに則り通行人らと6フィート(約1.8m)の距離を保ちながら活動したのだから、いいのでは?と思うわよ。

ヘンリー元王子とメーガンがロックダウンのLAでハイリスクの人々に直接食料届ける

ヘンリー元王子とメーガン

ロサンゼルスへ移住したヘンリー王子・メーガン妃夫妻が、このほどお忍びでボランティア活動に励んでいたことが明らかになった。重病を抱える人々に食事を届けるため、夫妻はロサンゼルスの街でデリバリーのボランティア活動に従事したという。

芸能情報メディア『Entertainment Tonight』によれば、ヘンリー王子・メーガン妃は今月12日と15日の2日間にわたり、ロサンゼルスに拠点を置く団体「Project Angel Food」のボランティア活動に参加したそうだ。

同団体はHIV/AIDS、ガン、腎不全などの重病を抱える人のために食事を用意・提供するサービスをロサンゼルスを中心に30年以上続けている。

地元で育ったメーガン妃は、かねてから同団体の活動に大変感銘を受けていたそうで、そんな妃にとって馴染みのある団体が新型コロナウイルスの影響で人手不足に陥っていることを実母ドリアさんから聞きつけ、自らボランティア活動に参加することを思い立ったようだ。

「Project Angel Food」エグゼクティブディレクターのリチャード・アユーブさん(Richard Ayoub)は、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻が今月12日にウェストハリウッド界隈に住む20人に保存食を届けたこと、また夫妻が15日に「もう一度手伝いに来ます」と約束してくれたことなどを明かしている。

「Project Angel Food」はクライアントのほとんどが60歳以上の高齢者で、心臓や肺の病や糖尿病などで免疫システムが低下したハイリスクな人ばかりだそうだ。

これまで一日当たり1600食の食事を提供していた同団体は新型コロナウイルスの影響により、今後は毎日2000食ほどの需要が見込まれている。

そんななかボランティア活動に名乗りを上げたヘンリー王子・メーガン妃夫妻について、

アユーブさんは

「ご夫妻は人手不足により我々のドライバー達が長時間労働を強いられていると聞き、彼らの負担を少しでも軽減するために手伝わせてほしい、とおっしゃってくださったのです。」

と参加経緯を語ったほか、食料のデリバリーの際には夫妻がマスクと手袋を着用し“ソーシャル・ディスタンシング”のガイドラインに則り通行人らと6フィート(約1.8m)の距離を保ちながら活動に励んでいたことを明かした。

アユーブさんはまた、

「お二人が我々の団体を選んでくださったことに感激しています。ご夫妻は我々のクライアントのような、社会的立場の弱い人々のことを気にかけていらっしゃるのです。」

と『Entertainment Tonight』に夫妻への感謝の気持ちを述べた。

ヘンリー王子・メーガン妃から実際に食事のデリバリーを受けたダン・タイレルさん(Dan Tyrell)は2人の正体に気づかず、英紙『Express』の取材に対し、

お二人ともとても優しく、気さくな方達でした。」

「マスクを着用し、素敵なジーンズをはいていらっしゃいましたよ。」

背の高い赤毛の男性は大変見覚えのあるお顔で、女性の方はとても美しかったです。」

と語っている。しかし夫妻の後ろに複数の大きな黒いSUVが停車していたことや警備人がいたことでのちに2人が誰かに気がついたようで、最後には

「事前に知らせてくれていたら、ティアラを着けて出迎えたのに!」

とのジョークも飛び出した。

ちなみに『TMZ』のウェブサイトでは、ポロシャツ&パンツ姿のヘンリー王子と白シャツ&スキニージーンズ姿のメーガン妃が、マスク&手袋着用で低所得層向けのアパートを訪問する様子を収めたビデオがアップされている。

普段であれば大勢のパパラッチに追いかけ回されるところだが、外出自粛要請で静まり返ったロサンゼルスではしつこく追い回すパパラッチに遭遇することはなかったようだ。

15日には、イギリスのチャリティー団体「Feeding Britain」に9万ポンド(約1200万円)の寄付を行ったことが伝えられたヘンリー王子とメーガン妃だが、妃の故郷ロサンゼルスでチャリティー活動に従事したのは、今回の「Project Angel Food」が初めての試み。幼少期より馴染みのある団体でのボランティア活動を通じ、少しでも地元へ貢献できたことをメーガン妃も嬉しく思っていることだろう。

ぺんぺん草の独り言

もし、王族のままなら、危険だから絶対にしてはダメだと言われそうな危険なボランティアよね。外出自粛要請で静まり返ったロサンゼルスでパパラッチに追いかけまわされることなくやりたいことが出来て幸せなんじゃない?

その他、青いバンダナを付けて、ビーグル犬と黒いラブラドールを散歩している姿がキャッチされているわよ~

拡大すると、

ヘンリー王子散歩姿

メーガン犬の散歩
出典:ヘンリー元王子とメーガン犬の散歩

まるでタリバンのようだけど、食事の宅配ボランティアは評判がよくて、幸せそうな感じ・・がするわ。いいんじゃない?と思う~。

おすすめの記事