悠仁さまが提携校進学制度を利用して、筑波大付属高に合格されました。

宮内庁は「受験期を迎えている未成年者の進学のことを、臆測に基づいて毎週のように報道するのは、メディアの姿勢としていかがなものか」とマスコミに苦言を呈していました。宮内庁が苦言を呈したときには、筑波を受験しないのかな?と思わなくもなかったですが、週刊誌が書いてきたとおりになりました。

作文の剽窃問題を新潮が報道した日に、悠仁さまのために紀子さまが作らせたと思われている筑波、お茶間の提携校進学制度を利用して筑波大付属高に合格となると、週刊誌にネタをプレゼントしているようなものですね。

週刊誌は作文の剽窃問題は随分前からネタを掴んでいて、今日の日に合わせて来たみたいですね。

今月下旬には小室圭の司法試験があり、5月か6月に発表があり、ビザが取れないはずなのに、政府か宮内庁がアメリカにお願いしてビザが取れるとか連続忖度で、秋篠宮家は週刊誌にネタをされ続けることになりましたねwww

悠仁さま、提携校進学制度で筑波大付属高合格

宮内庁は16日、秋篠宮家の長男悠仁さま(15)=お茶の水女子大付属中3年=が4月に筑波大付属高(東京都文京区)へ、提携校進学制度で入学されると発表した。皇族が学習院以外の高校に進学するのは戦後初めて。同高は男女共学で、例年、東京大をはじめ難関大学に多数の合格者を出すことでも知られる。

お茶の水女子、筑波両大学の付属校間では提携校進学制度が設けられている。宮内庁によると、悠仁さまはお茶の水女子大付属中と筑波大付属高での内部選考に加え、同高で実施された5教科の学力検査を経て合格したという。

悠仁さまは2010年4月にお茶の水女子大付属幼稚園(文京区)に入園。付属小、中と進学したが、付属高は女子校となるため、進学先が注目されていた。

進学先を巡ってはこれまで、筑波大付属高を含む学校の実名を挙げた週刊誌報道が続いている。秋篠宮家を補佐する側近トップである宮内庁の加地(かち)隆治・皇嗣職大夫(こうししょくだいぶ)は先月、「臆測に基づいて毎週のように報道するのはメディアの姿勢としていかがなものか」と文書で苦言を呈し、西村泰彦・同庁長官も同様の認識を示していた。【井川加菜美】

ぺんぺん草の独り言

小室圭問題が出てくるまでは、雅子さまは公務には出て来ない、ご静養は皆勤賞で、毎年、ご家族の駅前でのお手ふりは夏の風物詩でした。

2015年那須御用邸天皇雅子さま愛子さまご静養

しかし今は新型コロナで、ご静養のための移動が出来なくなり、雅子さまがは公務はしないが、スキーやご静養ばかりしているということを知らない若者が増えてきています。

そこに小室圭の皇室特権利用と、眞子さまの国民に向かっての敵対心むき出しの会見、秋篠宮殿下の誹謗中傷があった発言などで、ますます秋篠宮家の方のイメージが悪くなりました。

更に、悠仁さまを筑波に入れたいがために特別進学制度を作らせて、東大にも推薦制度が出来たので、それを狙って、東大にまでズル合格させるのではないかと今後もずっと週刊誌に書かれ、読んでいるうちに、ホントかな、と思うようになるんですね。

以前の雅子さまの批判記事も毎週すごかったですし、愛子さまアホ伝説もすごかったですが、それを凌駕する勢いで、秋篠宮は週刊誌が喜ぶネタを投下していますね。

作文コンクールは学校単位で出されたものではなく、悠仁さまが個人的に出さたもののようですね。まるで小室圭のアメリカでの論文コンクールを彷彿とさせられて笑いそうになりましたが、悠仁さまが北九州の作文コンクールに出したいと思ったのではなく、親でしょう。

小室圭問題があっても、小学校から学習院に通っていれば、悠仁さまに関しては何の燃料もないので、週刊誌は書きようがなかったです。悠仁さまの両親が、燃料をどんどん投下し続け、今後も燃え続けますよ。週刊誌は喜んでいるでしょうね。

悠仁さま筑波大付属高校受験2

遠くにSPがいるんですが、このリュックを背負った姿、なんとも哀れに思うのです。天皇になる人が一般平民と同じ土俵に立つことなど戦前ではあり得なかったのに、まるで平民のようになってしまって、哀れです。

悪いのは親なのに、悠仁さまがズルいイメージになりますね。親の学歴コンプレックスのために、何が何でも高学歴にしたいと願う情けない親です。

ロシアのドーピング問題でも、悪いのは国家ですが、ワリエナ選手は悪人のように思われてますよ。禁止薬物は複数だったらしいですね。同じ薬物でテニスのシャラポワ選手も処分されています。

元世界ランキング1位で「妖精」と称されたシャラポワ氏は2016年3月、同年の全豪オープンでの検査でメルドニウムの陽性反応が出たことを自ら公表。国際テニス連盟から2年の出場停止処分を受けたが、スポーツ仲裁裁判所に提訴して1年3か月になった。

メルドニウムは健常者が使うと疲労回復や持久力の向上作用があるとされる。禁止薬物リストに載ったのは16年1月からで、シャラポワはそれを知らなかったと釈明。心臓疾患の治療と糖尿病家系であることへの対策として、医療目的で10年間使ってきたというのが主張の要旨だった。

ワリエワが検査で陽性反応を示したトリメタジジンは、血流を良くし、運動パフォーマンス向上や体調回復につながるなどの効果が指摘されている。心臓疾患に使われる部分ではメルドニウムと重なり、両成分は世界反ドーピング機関(WADA)の禁止薬物リストでは同じカテゴリーにくくられている。

シャラポアは自ら薬物を使用していましたが、ワリエワは知らずに飲まされていたのでしょう。

当初は一般入試に合格と発表するつもりだったのでは?と想像しています。しかし今日、新潮に作文のコピペ問題を報じられて、ここで一般入試で合格としたら、更に週刊誌に検証されるので、提携校進学制度を利用したと発表したのかもしれないと想像しました。

学歴コンプのある親の育てられたら可哀そうですね。皇族なのにまるでただの平民みたいですよ。

わたしの親は学歴至上主義で、初対面の人に会ったら、出身地を尋ねて、じゃあ、○○高校かな?●○大学かな?というふうに学歴の話に持っていき、どこの学校を出ているかを聞き出し、それによって相手に対する態度を変えるひとでした。しかも、いい大学を出ていたらいい対応になるんじゃないんですよ~。父親が思っていたより低い大学であったら嬉しくてたまらなくて、自分の子の学校を言い出し(わたしのきょうだいたち)相手を貶めるという、普通では考えられないすごくヤラシイ奴でした。

父の死に方は、ボケて、それはそれは悲惨でした。遺言書に自分たちに有利に書かそうといたきょうだいが画策していたので、医者に最後まで薬を処方させなかったので、暴れて狂い死にでした。薬を処方された記載があれば、認知症が認定されて、公正証書が認められないんですよ。だから狂い続けて死にましたね。

き~こちゃん、あまり学歴に拘っていたら狂い死にしますよ。

おすすめの記事