ピアニストの神谷郁代さんが亡くなられました。

ピアニストの神谷郁代さん死去、75歳

ピアニストの神谷郁代さん死去、75歳

モーツァルトやベートーベン作品の端正な演奏で知られた、ピアニストの神谷郁代(かみや・いくよ)さんが6日、肺炎で死去した。75歳。告別式は近親者で行う。

群馬県出身。桐朋学園高卒業後、ドイツへ留学し、1972年にエリザベート王妃国際音楽コンクールで入賞。

欧州を拠点にオーケストラとの共演やリサイタル、レコーディングで名声を博した。帰国後は日本の現代作曲家の作品紹介に取り組む一方、バッハやシューベルトの録音でも高く評価された。

近年は病気のため演奏活動から遠ざかっていた。

ぺんぺん草の独り言

今の若い世代で神谷郁代を知っている人は少ないかもね。中村紘子がチャイコフスキーのコンチェルトを腕を振り回しながら華々しく弾いているのとは対照的に、神谷郁代さんは堅実な印象が私にはあった。最近演奏会がなかったし、海外で演奏していると思っていた。

写真は2013年4月2日撮影だから、まだ60代後半だから若いと思うけど、すごく老けた印象になっているので、体調がすぐれなかったのかも。

75歳はまだ若いけど、演奏家としてはやりたいことを全部やって、いい人生だったと思う。

おすすめの記事