平成の終わりころから皇族全員のご予定を発表しなくなったわね。以前は表にして発表されていたけど、天皇皇后(当時)秋篠宮家、三笠宮彬子さま、高円宮家などの活動と比べて、皇太子ご夫妻(当時)が暇すぎると批判が相次いだため、上皇の退位が決まり、徐々に、スケジュールを隠す方向になっていった・・ような気がする~

詳しく行動を発表したら、警備上よくないのはわかるけど、あまりに簡素化しすぎて、みなさん、普段はどうのように過ごされているかと思っちゃう~。

12月23日

https://youtu.be/-1md5-ztuBE
上皇さま86歳のお誕生日

上皇陛下は,上皇后さまと共に,天皇皇后両陛下の御即位に伴う一連の行事を静かにお見守りになり,すべての行事を滞りなくお済ませになったことに安堵され,お喜びのご様子でした。

秋には台風による風水害が次々と発生しましたが,御在位の時とお変わりなく,被災地の状況を伝える報道を注視されながら,被災者の様子を案じておられました。現在も避難生活を続けている人々がいることにお心を痛めていらっしゃいます。

今年は,両陛下がパラオご訪問の際にお会いになった激戦地からの生還者・倉田洋二さん,永井敬司さん,両陛下とお関わりのあった国際原子力機関の事務局長を務めた天野之弥さん,日本人初の国連難民高等弁務官を務めた緒方貞子さん,医療活動や灌漑事業を通してアフガニスタン支援に尽力された中村哲さんが亡くなり,両陛下にとりましてもお心淋しいことでいらしたと拝察します。上皇陛下は,上皇后さまと共に,上皇侍従長を通じてご遺族に御弔意をお伝えになりました。

ご譲位後は,ご移居に向けたご整理を日課として来られました。来年3月末までに高輪仙洞仮御所にご移居になる予定で準備を進めていらっしゃいます。

週刊誌に引っ越さないと書かれたので、意地でも3月末には引っ越しすると思う。

以前、週刊誌報道が原因で失語症になったと発表された後は、ぴったりと皇后への批判記事がなくなったけど、今はSNSがあるので変なものは変とみんなが書くので止められないのよね。

嘔吐物に血が混じると発表したけど、それほど以前のような効果は得られず、やはり引っ越すしかないと思ってられるでしょう~

もしネットや週刊誌がいつまでも皇居にお住まいであることを指摘しなかったら、ずっと引っ越さなかったかも。

その合間の週2,3回,生物学研究所でハゼ科魚類の研究をなさっています。一つは,国内では南日本に生息するオキナワハゼ属に関する新たな論文作成に向けて,西表島等で採集された標本と海外の標本との比較研究を進められています。また,日本の河川に広く生息するチチブ類について,生物学研究所の職員と飼育観察を中心にチチブ類のうきぶくろの大きさと遊泳行動の関係を調べられています。

ご体調につきましては,現在,特にお変わりはありません。
早朝のご散策はもとより,差し支えのない日曜日には朝7時から上皇后さまと東御苑に行かれ,二の丸庭園,本丸を回られています。

皇居内をジョギングする天皇皇后(当時)
出典:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20151019004464.html

この写真は上皇ご夫妻が天皇皇后時代のモノ。こんな感じで今も、スロージョギングをなさっているかしらん?

両陛下は,平成の早い時期から,ご朝食後お忙しいご日程が始まる前の短時間,お二人ご一緒に一冊の本を交互に音読されることを習慣とされてきましたが,今もお続けになっています。長い間大岡信さんの「折々のうた」を読まれ,また,パスカルの「パンセ」など外国の書物もお読みになってこられましたが,現在は山本健吉さんの「ことばの歳時記」がお机に置かれています。

知的ね~

また,日本各地のお祭りや美しい風景,そこに生きる人々の暮らしを紹介するテレビ番組を両陛下でよくご覧になっていらっしゃいます。お休み前の夜分,上皇后さまのピアノとご一緒にチェロをお楽しみになることもあります。

陛下は,86歳のご高齢を迎えられたことを穏やかにお受け止めになり,上皇后さまとお過ごしになる時間を大切にしていらっしゃいます。

同年代のお年寄りはお金の心配をしながら暮らしているけど、優雅だわ。やっぱり、皇族ってうらやましい~!

12月24日

天皇陛下がタイのチュラポン王女とお茶をする。陛下は1981年と87年に王女に会っている。

12月29日

佳子さま25歳の誕生日

ぺんぺん草の独り言

天皇皇后雅子さまが、12月26日に福島、宮城両県へ日帰りで台風被害のお見舞いにいらっしゃる予定が抜けているわね。雅子皇后のプレッシャーになるので出来るだけ書かないようにしているのかしら?

佳子さまと眞子さまは上皇のお誕生日夕食会に出席されたのかしら?

報道では、なんだか、秋篠宮家からは悠仁さまと両殿下だけのような気がするのだけど。

しかし、もし欠席されたのであれば、小室K問題が破談で決まったってことではないかとわたしな想像するのよ。親子間に決定的な亀裂が入り、秋篠宮殿下のお誕生日会も上皇のお誕生日夕食会も出ない‥のかもしれない‥。

退位した上皇上皇后がいつまでも皇居を出て行かず、皇居で祝賀行事を行うのは間違いよ。今までと違って小さな食堂でお祝い会をしたと釈明したって駄目よね。

上皇や天皇のお誕生日には、旧皇族、親族がお祝いに来るのだから、眞子さまは絶対に小室Kと結婚してはダメ。あんな逆玉男と後妻業の母ちゃんが来るところではないから。

破談一択でお願いしたい。

イギリスのベアトリス王女は中国人と付き合って子供までいるのに結婚せず、優柔不断に生きてきたけど、ベアトリス王女と出会ってすぐ中国人を捨てて、ベアトリス王女とあっという間に婚約したらしいわ。

ベアトリス王女、小室K的な男と婚約。お披露目パーティを開催

イギリスは王族は自分の領地を持っていて、全てを税金で暮らしているのではないから国民は許すのか?不思議・・。

宇野昌磨と小室Kはどことなく似ているのに、宇野昌磨には腹が立たない。やっぱり宇野昌磨は自分の力でスケートを滑ってメダルを取っているかね。誰かの寄生虫として生きようとはしてないし。

産経新聞だけでも、各皇族方のスケジュールやご様子をもっと報道してほしいものだわ。

おすすめの記事