米国務省は23日、ヨルダンとエジプトに対する「爆発物探知犬」の提供をやめると発表した。両国で十分な世話を受けられず、多くの犬が死んだためとしている。
出典:https://www.bbc.com/japanese/50900077

アメリカがヨルダンなど外国に麻薬探知犬を提供していることは初耳。

やせ細った麻薬探知犬

やせ細った爆発物探知犬
出典:https://www.bbc.com/japanese/50900077

これはひどい!あばら骨が透けて見えて、全く食べさせてないんだわ!

アメリカはテロ対策の一環として、国内で訓練した犬を外国に提供してきた。

米国務省は9月、ヨルダンやエジプトなど10カ国に近年提供した100頭以上の犬の中に、十分な世話を受けていない犬がいるとする報告書を公表していた。

こんなことを言っちゃあ悪いけど、ヨルダンやエジプトって、女性なんか、人権すらほとんどない国で、犬の権利なんて完全にゼロでしょ。こんな国に犬を提供しちゃダメ。殺して食べられないだけマシ、とも思わないわよ~だ!

同省の報道官はこの日、「現場にいる犬のいかなる死も、非常に悲しい出来事だ」とコメント。さらなる死を防ぐため、暫定的に爆発物探知犬の提供を禁止したと述べた。

ヨルダンとエジプトはこれまでのところ、コメントを出していない。

コメントの出しようがないでしょ。

米国務省の報告書によると、ヨルダンで2017年に、爆発物探知犬1頭が熱中症で死んだ。

水を飲ませてないのよ。暑い国なのに・・・。

さらに、別の2頭が「深刻な病状でアメリカに送り返された」という。

米当局は「最終的にそれらの犬の1頭を、安楽死させざるを得なかった(中略)もう1頭は健康回復のため栄養補給が必要だった(中略)ひどくやせていたからだ」とした。

3頭とも犬種はベルジアン・マリノアだという。

また、今月発表された追跡調査の報告書は、ヨルダンに提供された別の2頭が「不自然な原因で」死んだとしている。

AFP通信によると、1頭は熱中症が原因で、もう1頭は警察が殺虫剤を噴霧した後に死んだという。

また、今月発表された追跡調査の報告書は、ヨルダンに提供された別の2頭が「不自然な原因で」死んだとしている。

AFP通信によると、1頭は熱中症が原因で、もう1頭は警察が殺虫剤を噴霧した後に死んだという。

国務省の報道官は、爆発物探知犬が「海外でテロリズム対策に取り組み、アメリカ人の命を救う上で、重要な役割を果たしている」と説明した。

現在ヨルダンとエジプトにいる探知犬は当面、それぞれの国にとどまるとしている。

可哀そう。すぐ引き上げて頂戴よ。

ヨルダンにはこれまで、アメリカで訓練された爆発物探知犬が100頭以上提供されており、群を抜いて最大の受け入れ国となっている。

米国務省の報告書によると、エジプトでは提供した10頭のうち3頭が昨年から今年にかけ、肺がんや胆のう破裂、熱中症により死んだという。

ぺんぺん草の独り言

犬一頭を訓練するのに、お金がかかるし、犬も訓練士も本当に努力努力でたいへんなのに。そうやって爆発探知犬に育った犬をもらってきながら、大切にしない最低の国ね、エジプトとヨルダン。

アメリカでIS指導者急襲の英雄犬が ホワイトハウスに招待されたニュースがあったわよね。

IS指導者急襲の英雄犬が ホワイトハウスに招待された

爆弾探知犬は常に危険と隣り合わせで、右前足を失った探知犬がイギリスで勲章をもらったということだけど、勲章もらって嬉しいのは訓練士だけ。

英国で勲章をもらった爆弾探知犬
出典:https://www.bbc.com/japanese/50900077

これほど人間は犬のお世話になっているのに、捨てる輩がいる。

【動画あり】すがりつく犬を振り払い、置きざりにする鬼畜

犬に生まれたら、こんなふうに気楽に暮らしたい。

祖母の入れ歯をはめた犬
出典:ブラジルの犬は入れ歯好き

人間のために働き、犠牲になり、名もなく死んでいく犬の冥福を祈ります。

おすすめの記事