「日本で仕事したい」と、書き置きをして、失踪していたウガンダ人選手が三重県四日市で 保護されたそうよ。

失跡していたのは、重量挙げ選手ジュリアス・セチトレコ選手で、まだ20歳だって。セチトレコ選手は滞在中に67キロ級のランキング変更により出場資格を失い、20日に帰国することになったので、失踪しちゃったよね。

怪我もなく無事でよかったけど、保護された時、抵抗はしないで、警察の質問にも素直に答え、時折涙を浮かべて対応したらしいわ。

失跡ウガンダ選手を三重で発見

大阪府泉佐野市でホストタウンとして受け入れていたウガンダ選手団のうち、失跡していた重量挙げ選手ジュリアス・セチトレコ(20)が20日、三重県四日市市内で発見、保護された。

顔写真付きの身分証明書を保持し、本人だと認めた。

市の担当者は「見つかって良かった。今後の対応は警察や大使館と協議する」とした。

大阪府警によると、セチトレコは今後、選手団か大使館、泉佐野市役所のいずれかに送り届ける方向で調整しているという。

府警によると、セチトレコは16日から失踪。

滞在していたホテル最寄りのJR熊取駅で新大阪から名古屋行き新幹線の切符を現金で購入していた。

名古屋市内で、知人のウガンダ人男性と車で合流し、岐阜県に移動した。

2人の合流を愛知県警が防犯カメラ映像などから把握。2人の行方を捜していたが、19日深夜に岐阜の男性宅にセチトレコがいる可能性が浮上した。

20日午前8時、大阪府警、愛知県警、岐阜県警の合同で岐阜県の男性宅を訪ねた。

男性はセチトレコを三重の別の知人宅まで送ったと説明。その後、三重県警と大阪府警が知人宅に向かい、この家に滞在していたセチトレコを発見、保護した。抵抗はしなかったという。警察の質問にも素直に答え、時折涙を浮かべて対応したという。

ぺんぺん草の独り言

ウガンダでは生活が苦しく帰りたくなかったというけどインスタのアカウントを持っていて顔写真が載っているわよ。

インスタのアカウントがあり、19件とはいえ更新できていたということはiPhoneかアンドロイドを持っているという事でしょ?

食べるにも困っていたらスマートフォンを持つことは出来ないと思うよ。それに重量挙げの選手だけあっていい筋肉なのよ。

食べるにも困っていたら、こんな立派な体格になれないよ。

今回は67キロ級のランキング変更により出場資格を失って不運だったけど、次のパリを目標にすることはできるでしょ。日本に住んでも、言葉もわからないし、苦労するだけよ。日本に難民申請してウガンダに帰国したら、迫害されるとがなければ、自分の国に帰った方が絶対に幸せだと思うわよ。

まだ20歳なんだから次のパリを目指すべきよ。ここまで体を作るにはかなりの努力をしたと思うから、その努力を無駄にしないでほしいわね。日本は難民は受け入れていないし、もし日本に住んで働くとしても、給料のいい仕事はないと思うよ。まだ20歳、人生はこれから。頑張って。

おすすめの記事