10月1日、眞子×小室圭結婚正式発表へ

眞子は小室圭ファミリーになる

秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの結婚について、宮内庁は10月1日(金)に正式に発表する予定で調整を進めていることが分かりました。

眞子さまと小室圭さんの結婚については、近く発表されるとみられていましたが、関係者によりますと、宮内庁が1日に正式に発表を行う予定で、調整を進めていることが分かりました。

結婚に伴う一連の儀式や結婚式は行われない見通しで、天皇皇后両陛下への挨拶は、眞子さまお一人で非公式に行われるということです。

10月1日の発表時には、結婚やお二人でのぞむとみられる記者会見の日程などのほか、儀式が行われないことや支給されない見通しの一時金について、秋篠宮家の側近幹部や宮内庁長官が説明するとみられます。

ぺんぺん草の独り言

私より公を優先し伝統を守っていくことが皇族の存在意義だと思ってきたけど、それらすべてを眞子は破壊したと思う。しかしパラグアイはこの眞子に勲章を贈るそうだし、世界はわかっていない。眞子を金ずるとしか思っていない小室との結婚を喜ぶ国民がいるのだろうか・・・。

小室は帰国後、横浜のマンションで自粛しているが、当初はネット情報通りの帝国保テルに滞在する予定だったというだから呆れる。

帰国直前まで、2週間の自主隔離期間を帝国ホテルで過ごす予定になっていたのです。本来、この期間中は基本的に自宅か空港近くの指定された宿泊施設で過ごすことになっており、帝国ホテル側も難色を示していた

それでも、小室さんの希望もあって特別に滞在が認められたのです」

と明かすのは、さる宮内庁関係者。ところが、帰国直前に「世間の反発がエスカレートして不測の事態を招きかねず、その際、ホテルでは侵入者を防ぎきれない」という懸念が警察庁や警視庁の幹部から相次ぎ、急遽、滞在場所は自宅に変更されたのだという。

ちなみに、予定されていた宿泊料金は、長期滞在用のプランで1泊およそ3万円。ここでも小室さんの“特権”意識が見て取れるのだ。

わざわざ空港から帝国ホテルまで送らせて、帝国ホテルで2週間を過ごそうとしたんだから、タカリまくりね。

仮住まいの家賃は80万円超

眞子さまとの入籍は10月下旬と見られるが、眞子さまのパスポート作成やビザ取得などに日数が必要で、その間は都心の高級マンションに暮らすことになるという。

「実は4年前、お二人の婚約内定を受けて宮内庁は、都心の一等地の賃貸物件について、内々に大手不動産会社に問い合わせています」

とは、都内の不動産業者。

「その中で今回、あらためて浮上しているのが、秋篠宮邸からもほど近い赤坂の物件です。総戸数も少ない瀟洒な低層マンションで、2LDKの賃料は月80万円超。リビングは30平方メートル以上あり、新婚のお二人には相応しい物件です」

眞子は憧れの佳代さんと同居すればいいのにね~。また随分税金の無駄使いするのね。

小室は眞子と結婚することで、夢のような生活が現実になったわね。これらの金はいったい誰が出すの?小室圭にとったら、勝手に誰かが払ってくれるので、金を使い放題よね。

想像だけど、小室は真面目に働かないと思う。

毎晩夜中まで必死に働かなくても、家賃も生活費も誰かが払ってくれるんだからね。眞子だって同じよ。今まで一度だってお金の心配をしたことなんてないでしょ。

日本に帰ってきて、隔離期間を帝国ホテルに泊まりたいと強く要求したんですって。あまりの厚かましさに驚きよ。今後永遠に、最上級の贅沢をずっと要求してくるんでしょうね。

普通なら恥ずかしくておねだりは出来ないけれど、恥という概念が欠如しているからなんともないんでしょ。不思議なことに400万円は名誉の問題で返せないと言い放ったので、驚くヮ。

小室圭と佳代は、恥はないけど名誉はあるんですって。

 

おすすめの記事