小室圭氏の本性・同級生への陰湿なイジメ

次世代の天皇家となる秋篠宮家の長女眞子サンが執着し続ける小室圭氏は、中学・高校時代、他の男子学生と共に同級生の女子生徒に対して陰湿なイジメを執拗に行っていたことが週刊文春の取材でわかり、今週号で大きく紙面を割き、報道されています。

週刊文春小室圭イジメ

日本語が出来ない教師や他の外国人生徒は、小室が吐く暴言を気付くことができなかったため、イジメのターゲットに遭った女子生徒は誰にも助けを求めることが出来ないまま高校1年に退学を余儀なくされたそうです。

今まで報道されてきたのは、母親佳代の借金踏み倒し、保険金詐欺疑惑、年金詐欺疑惑、周辺の人の連続自殺などが中心で、それに圭が全く関係ないとはいえませんが、母親の問題だからと、小室圭を擁護する皇室解体を目論むLeft wingの雑誌やジャーナリストと名乗るヒトがいました。しかし今回は圭本人の問題であり、圭の陰湿さが如実に表れて、人となりがよくわかると思います。

高校時代のことを今更蒸し返し金目的なんじゃないか、とイジメ被害者を批判する人がまた湧いてくるだろうけど、イジメに遭った女性からアクションを起こしたのではなく、文春が小室圭の人となりを知るため身辺を調査しているうちに出て来た内容で、イジメの仲間を特定、取材し、最終的に 文春のほうからいじめ被害者に接触したのでした。

当初は取材に応じることを躊躇していたらしい。

だが、小室圭のいじめ仲間の「イジメていない」という反論を伝えると、徐々に重い口を開き、今回の記事となったのでした。

佳代の元婚約者に対しても、圭が皇族との婚約が内定したので金を取ってやろうと昔のことを言い出したんだろうと悪く言うジャーナリストがいますが、猫だにゃおんの皇室ブログさんが書いておられるように、生活が苦しい元婚約者は、小室側は皇族と結婚できるくらい金があるのだから、金を返してもらおうと思っただけだと思います。貸したものを返してほしいと言って何が悪いのか?

今回の記事に対しても、イジメられる側にも責任があると言い出す輩がいるだろうけど、イジメは100%イジメるほうが悪い。借金踏み倒しは踏み倒す方が100%悪い。

この常識が崩れたら、日本から道徳心が消えてしまいます。

小室圭は中くらいの生徒だった

★都内のインターナショナルスクールは親も英語が話せることが条件だが、カナディアンスクールは日本人の事務長が通訳として面談に同席してくれるから小室佳代はカナディアンスクールを選んだと思われる。

★小室圭を優秀だとか、頭がいいと思っている人がいるようですが、帰国子女の多いCIS(カナディアン・インターナショナル・スクール)では、英語スキルは平均的で、成績は飛びぬけて優秀ではなかったということです。むしろ真ん中くらいだった。

★しかし教師たちからは目をかけられていた。授業中に積極的に発言したり、授業後に個人的に質問しに行ったりしていたから。

フォーダム大学でも教師に積極的に質問に行ったり授業中発言しているって報道されてたわね。人たらしの世渡り術は天性ってことね。

日本人生徒とともにイジメを行う

★Aという男子学生は5人グループを作っており、小室圭はAと住まいが近く、放課後に大堺駅前の商業施設に遊びに二人で行っていた。5人組の中にもう一人「ケイ」という名の子がいたので、小室はKKと呼ばれていた。

★中学の頃は少し背伸びして(チビだもんね)お台場まで遊びに行っていた。

學校の帰りに商業施設に遊びに行く?不良やん。

★小室圭はAの傍らにいて補佐役という関係で、遊びに行くとき飲食店などの情報を事前にきっちりリサーチしておくのが小室圭の役割だった。

★どこに遊びに行くかは、ボスのAが決めていた。

小室圭は使い走りの小間使い、子分だったってわけね。不良グループの中で、腰低く、動きまわってたんだろうね。

★Aはスポーツが得意。かたや小室圭は運動は不得意。

小室圭中高時代陰湿ないじめをしていた

周りの子は背が高いもん。ひときわチビの小室圭は運動、出来なかっただろうね。

★中三の頃、Aが監督で、自主製作の短い恋愛映画を作り、小室が主演をした。

★クラスメイトの前でバイオリンを弾いたり、

バイオリンを弾く小室圭中高生時代

ジョークが得意で人気者だった。(すごい5頭身)

陰湿ないじめを始めた小室圭たち

★おとなしい女子生徒内藤さん(仮名)がターゲットになった。

★たいして話したこともない内藤さんに嫌がらせを始めた。

★小室圭が所属する5人グループの傍らを内藤さんが通り過ぎたとき、すれ違いざまに小室圭は日本語でこう言ったらしい。

「あ!ブタが通った。ブーブー!」

眞子も、皇族じゃなかったら、小室にターゲットにされてたかもね。

★内藤さんが椅子に座ると合わせて

「ドスン!」と言い、小室圭のグループはニヤニヤ笑い合っていた。

★体育の時間、小室と内藤さんが二人一組のストレッチで組んだことがあった。一人が背中を押して、一人が屈伸をする動作の後、小室圭はこれ見よがしに服の裾で手を拭き、まるで汚いものをうっかり触ってしまったしぐさをした。

★内藤さんが通ると、近づきたくないというように、わざとらしく距離を取り避けて見せるようになった。

★内藤さんが反論してこないことをいいことに、こうしたイジメは来る日も来る日も執拗に続き、学年が上がるごとに更にエスカレートした。

★CIS(カナディアンスクール)では席順が決まっておらず、小室圭はいつもAの近くに座っていた。

まさに子分だね

★授業中に「ブス」「ブタ」「デブ」と書いた紙を回し、最後に見せつけるように、内藤さんの机の上に置かれるのだった。

イジメのターゲットは他にもいた

★内藤さんの仲のいい二人の女子生徒もターゲットにされたがこの二人は英語が堪能で優秀だったので、標的はもっぱら内藤さんだった。

文春の書き方では、まるで内藤さん(仮名)が優秀でなかったからいじめに遭ったという感じに読めてひどい。まさに二次被害だわ。

★CISでは授業の一環でプレゼンテーションを行うことがったが、内藤さんの発表になると、小室圭は親指を下に下げるブーイングのポーズを取った。それを見てクラスの子がくすくす笑い合っていた。

高校になると更にイジメがエスカレート

★高校になると更に遠慮がなくなり。外国人生徒や教師に悟られないように気をつけながら、内藤さんに堂々と暴言を浴びせかけ、嘲笑した。

★高校1年で内藤さん、ひっそりと退学した。

小室グループBとCに取材

★事実とは違う。Bは記者の電話に対し、自分は中二までしか在籍していないし、個人情報はどこから漏れたのか?これはプライバシーの侵害だと答えた。

さすが小室の親友らしい回答ね。

★授業中に「ブタ」と書いた紙を回していない、こんな下らないことでイジメがあると世間に話を出すのは頭がおかしい。小室さんってすっごく、いい方なんですよ!それなのに悪いことを取り上げて、お金が儲かるような記事にしようっておかしくないですか?眞子さまが結婚したいと思えるくらいの人だってこと、もう少し考えた方がいいんじゃないですか、

と回答した。

かつての不良グループの”ダチ”をかばっているんだね。いやこの人はホントに小室圭をいいやつだと思っているのかも。Bも同じような人なら、小室圭の陰湿さはわからないのよね。眞子サンも同じレベルの人だからわからないのよ。眞子が皇族だって知らせてなかったら、眞子が「ブタ」「デブ」と言われて、イジメられてかも。

★しかし、Bは、被害者の内藤さんの話になると、途端に口数が少なくなった。

イジメ仲間Cへの取材

★インターフォン越しに

イジメについては事実と異なる。これだけははっきりさせておきます。これ以上のお答えは差し控えさせていただきます。

男子生徒たちは頑なにイジメを否定した。

被害者の女性に取材

★当初、取材に応じることを躊躇していたが小室圭グループの反論を伝えると徐々に重い口を開いた。

★小室とAさんからのイジメが原因で学校を退学したのは紛れもない事実。

★退学後2年間家から出るのが怖くてなってしまって、引きこもりだった。

今でも当時を思い出すのがつらい

★引きこもりの頃は毎日泣いていた。

★しかし外に出るようになってから、眞子との婚約報道があるまでは、当時のことを忘れようと思っていた。

★今でも小室圭がテレビに映ると、涙が出る。

★内藤さんは婚約報道で小室の顔を見た途端、パニック状態に陥ったという。

小室は謝っていない

★一度でも謝ってくれていたら退学をしなかったかもしれない。。退学をしなかったら別の道があったと思うことがある。

被害者の母の話

★CISは英語を学びたいという内藤さんの希望だった。

★学校側に学費は大丈夫ですかときかれたが、お父さんが、のびのび勉強できるところに行かせようと言って入学した。

★当初は楽しく通っていたが1学期が終わる頃には元気がなくなっていた。

★内藤さんは親に尋ねられても事情を話さなかった。

★高校1年で、ついに内藤さんの心が悲鳴を上げて辞めたいと言い出したが、頑なにいじめられていることは言わなかった。

そうなのよ、イジメられている被害者は、それを恥と思って、言えないのよ。黙って耐えて、ついに小室家の伝統方法で亡くなってしまう子もいる・・。内藤さんは生きていてよかった!

★カウンセリングの受診もしたが親は具体的な内容は教えてもらえず、本当の理由がわからないまま退学した。

★内藤さんはその後、大検を取得し、海外の大学に入学。大勢の友人に恵まれ、元気を取り戻した。

いじめを打ち明けられたのは眞子サンの婚約内定がきっかけ

★内藤さんは20代後半になり、いい人と出会い幸せな家庭を築いている。

★それでも心の傷跡は大きかった。

★眞子の婚約内定報道で「この人が私をいじめたんだよ」と号泣した。

母親にも思い当たることがあった

★中1の時、学期ごとにある三者面談で内藤さんのお母さんが教室の前の椅子に並んで座っていたら一人の男子が内藤さんに向かって「ブス」と吐き捨てた。

★お母さんはその男子を睨みつけ、内藤さんに尋ねると「小室圭」という名前だった。

★内藤さんのお母さんは、小室圭は娘の前途を絶たせ、自分はICUを卒業し今ではアメリカのロースクールに通っている。小室圭を許せないと思っている。

イジメの専門家の考え

加害者が悪ふざけのつもりでも被害者は加害者複数人の悪意を一身に受けている。加害者の想像以上に、心の傷を負っていると考えられる。

上芝弁護士に書面での事実確認を求めたが回答はなかった。

リーダー格のAに同様にメールや手紙を送ったが回答なし。

記者に対応した親族は、

「手紙は本人に渡っている。しかし『こういうのにエネルギーを使うのも、ちょっと』と言っている、と答えた。

謝罪の言葉はなし

内藤さんへの謝罪の言葉を口にする男子知生徒はついに一人もなし。

内藤さんから小室へ

当時いじめっれていた頃は、自分は確かに太っているし、英語も下手だと、自分を責めていた。しかし今になってみて、いかに理不尽な仕打ちをうけてきたかがわかる。

小室さんたちは、自分がしてきたことの重さを自覚してほしい。

小室圭のもう一つの顔

小室のいい顔しか知らない眞子さまに彼のもう一つの顔を知ってもらいたい。

以上週刊文春より

只今書店で発売中なので、詳しくはお買い求めください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊文春 2021年 1/7号 [雑誌]
価格:469円(税込、送料無料) (2020/12/24時点)

楽天で購入

 

 

ぺんぺん草の独り言

これを読んで「心にナイフをしのばせて」を思い出した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心にナイフをしのばせて (文春文庫) [ 奥野 修司 ]
価格:715円(税込、送料無料) (2020/12/24時点)

楽天で購入

 

 

不良少年グループが一人の罪のない少年をなぶり殺したにも関わらず、事件当時未成年加害者少年Aには前科がつかず弁護士になってたのよ。この本ほど被害者家族の苦しみ悲しみが伝わるのはないんだけど、それを思い出した・・。

人の一生を大きく変えておきながら、平気で皇族と結婚しようとする厚かましさ。

イジメに遭っても家族には言えないものなのよ。一人で抱え込んで苦しんで自殺する子も多いもんね。イジメのターゲットにされた内藤さん(仮名)は自殺しないで本当によかった。

「ブタ」「ブス」「デブ」ってそのまんま、小室の母親、佳代と眞子サンに当てはまるやん。イジメられた内藤さんが皇族なら小室は、平気で結婚を迫っていたと思う。

眞子サンが小室に甘い言葉を言われるのは皇族だから、ただそれだけの理由よ。佳代と二人きりになったら、いいカモが見つかった、男性経験がなかったからちょろいモンだったと、嘲笑されていると思うよ。

週刊文春はイジメの首謀者AとB,Cの自宅も突き止めているし、長期間の地道な取材で、この記事が出たんだと思うと、ホントに感謝だわ。

中高の小室は不良の使い走りをさせられている子分だったのよ。内藤さんをブタというなら、小室圭は

「チビ」「チンチクリン」「5頭身」

と言ってやりたいくらい不細工だわ。チビで不細工にも関わらず、ジョークを言ったり時にはピエロを演じて笑わせて、イジメのターゲットにならない技を生まれつきもっているのよね。

学校内のいじめでも、金銭を取られたり、殴られたりしたらわかりやすいけど、小室のやったイジメは陰湿で教師にもわかり難く発覚しないことが多いわ。

小学校時代からイジメを繰り返し、小室に関してこの記事が出ても全然驚かない。やっぱりね、って思うだけ。

小室圭氏は同級生を執拗にいじめていた・同級生が初めて語る

小室さんってすっごくいい方なんですよ!ってまだ思っているということは、その同級生は未だに自分が悪いことをしたって気づいてないし反省をしないまま、社会人生活を送っているってことね。そんな人がこの日本で働いていると思ったら怖い。

眞子サンとはお似合いよ、小室圭は。眞子サンも平気でイジメをするタイプなんじゃない?それも首謀者。しかし国民の税金が不良というよりヤクザの小室に流れていくのは許されないことなのよ。破談にして小室は出来れば二度と日本の土を踏まないでほしい。皇室がバックになければ、このチンチクリンがアメリカで弁護士で食べていくのは厳しいと思うよ。眞子サンは一生独身でいいやん。博物館に飾ってもらったらええやん。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【全品5倍!12/25限定】死ねばいいのに / 京極夏彦
価格:90円(税込、送料別) (2020/12/24時点)

楽天で購入

 

 

敬称が一部、抜けていますが、ご了承ください。

おすすめの記事