小室と秋篠への怒り、憎しみ、悲しみが止まらない

小室圭はNY就活先に「虚偽経歴書」を送っていた。しかも、「眞子サンの婚約者」と添え書きして。

虚偽経歴書の内容が週刊文春によってばらされたその日、NHKが小室圭さんが米国から帰国し、眞子サンと二人並んで会見をことを検討していると発表。

文春に出た虚偽経歴について、話題を逸らそうとしているとしか思えないタイミングでのNHK報道だと思う。

週刊女性PRIMEは、秋篠宮さまが最後に求められる眞子さまとの

“鎮圧会見”

という見出しを出しているが、秋篠夫妻はいったいどう思っているのか❓

今日、発売の週刊文春には、小室圭が嘘の経歴を就活先に送っていたことが詳しく書かれている。多分、秋篠夫妻は読んでられると思う。娘が、私文書偽造の嘘つきと結託して結婚へ進もうとしていることを認めるんだろうか?嘘つきと結婚して嬉しいか?

通り一遍の質問を宮内庁記者クラブの人間にさせて、説明責任は果たしたとして、平民を黙らせ、鎮圧しようとするのか?

金銭トラブル報道が出た時、悪いのは母親で、Kではないという物言いをするコメンテーターがいたが、小室圭も母親同様、大ウソつきだということがはっきりしたんじゃないのか?

秋篠夫妻も悠仁さまの進学問題で、随分ズルいことを平気でなさっているので、小室親子をズルいとは思わないということか?

高校、大学は女子のみとわかっている学校に入学させたのは、悠仁さまが入学後、お茶の水を男女共学にさせるつもりだったとかどこかで読んだわ。

皇族だから女子高を男女共学に変えさせることくらい簡単なことだろキーコは思っていたのか。どこまで傲慢なのか?いったいいつからここまで傲慢になった?

悠仁さまの進学に関しては、キーコ主導だとわたしは想像している。ここまで皇室特権を利用して進学させようなんて、雅でのんびり育った宮さんにはいくら何でも、思いつかない事だろ。

元婚約者に400万円をマーコが返金したらそれで終わりではない。数々の犯罪と道義的に許されない事例は闇の中に葬られるのか?

葬る張本人はマーコと秋篠夫妻だということを肝に銘じてほしい。

文春の記事を読んだとき、これで年内結婚は無理になり、もしかしたら、突然、白紙に戻すという速報が流れるかもしれないと、淡い期待を持ったけど、秋篠夫妻、宮内庁が一丸となって小室圭に記者会見をさせて結婚をさせたがっているということがわかって悲しい。

小室圭もより大きな事務所に就職するため、マーコとのツーショット会見は必須だから、やるつもりだと思う。

秋篠家は国民あっての皇族であるが、ここまでに憎まれたのだから、皇族を辞めてほしいというのが本心よ。

秋篠自身も、紀子ちゃんと結婚出来なかったら皇籍を離脱すると天皇皇后(当時)に迫ったそうだけど、その時、離脱していたらよかった。今からでも遅くないよ。皇籍離脱シロ。

秋篠家は数多くの公務をしているとされるので、秋篠夫妻がいなかったら立ち行かないと思ってきたが、天皇家と三笠宮家、高円宮家だけでやりくりしたら十分やっていけるでしょ。

秋篠は今まで、散々兄天皇を批判してきたが、ご自分には甘いお人だわね。

他人に厳しく自分に甘く・・だわね。

週刊文春

虚偽経歴書小室圭

すでにこれでいいのだ日記Part2さんがNY就活で虚偽経歴書を大手弁護士事務所に送っていたことを暴いた週刊文春の記事について書いておられるので、もう書く必要はないのだけど、小室圭がどれほどの嘘つきかを確認するという意味で重要なので、書き残します。

小室圭、NY就活先に送った虚偽経歴書

★昨年の秋、大手弁護士事務所に、ケイ・コムロの経歴を書いたレジュメがメールで送られてきた。

小室圭が書いた経歴

趣味:ピアノ(特にジャズ)スキー、絵画

経歴:国際基督教大学(ICU)に在籍中の平成12年9月から13年6月まで、交換留学でUCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)に通学

同時期、電通アメリカでインターンを行った。

勤務地はカルフォルニア、マーケティングを業務を担当

と記載されていた。

電通アメリカは否定

★小室圭が2012年9月から2013年6月までの期間に電通アメリカでインターンをした事実はない。そもそも、当時の電通アメリカは、カルフォルニアに事務所が存在していない。

当時の電通アメリカには、カルフォルニアに事務所が存在していないんだからインターンをしているはずがないわね。調べたらすぐばれる、恥ずかしすぎる嘘よね。

東京UFJ銀行2年連続優秀成績者表彰も嘘

★ICU卒業後1年9カ月小室圭はUFJ銀行に勤めているが、経歴書に、2年連続で優秀成績表奏者を受賞と誇らしげに記載しているがそれも嘘。

⇒関係者は「それらの表彰を小室圭が受けたことはありません。新人が2年足らずで2年連続2度も、表彰されたらみんなが覚えているだろうが、誰の記憶にもない。

なんで調べたらすぐわかるような嘘を記載するのかしらね?想像しただけで、恥ずかしくてたまらないわ。

あるNY在住弁護士談

★こちらの事務所には仲介者から「小室圭は昨年の夏休みに大手事務所Xのインターンが決まったが、コロナでキャンセルになったと説明。

コロナでキャンセルなったというのは事実ではない。オンラインではあるが、サマーアソシエイト向けのプログラムを行っている。本当に小室圭はその大手弁護士事務所のインターンに決まっていたのか疑問。

小室圭が書いた経歴書は全て粉飾、ウソだったのよwww恥ずかしいね~www眞子サンは嘘つきがお好きなの?www

小室の就活に救いの手を差し伸べた日系人弁護士

★日系人会の会長と務めた経験もあるゲーリー森脇氏

★現在は日系人会名誉会長

★2019年日米親善に貢献したことで外国人勲章の受章者になった日本人コミュニティの著名人。

★ゲーリー森脇氏は現在NYにある中規模の法律事務所のパートナー弁護士

パートナーとアソシエイト弁護士の違い
パートナーと呼ばれる弁護士は、たいてい数十人、あるいは数百人規模の弁護士が所属する大手事務所の共同経営者。
一方で、パートナーの補佐的な業務など、部下としての立場で働いている弁護士を「アソシエイト」と呼んで区別する。

★ゲーリー森脇氏の事務所が昨年夏、小室圭をサマーアソシエイトとして受け入れた。

サマーアソシエイトとは
ロースクール在学中の学生が、夏季休暇期間を利用して実務経験を得るための制度

★本来、受け入れ先の法律事務所はアソシエイトに対しても初任給と同等の給与を支払うが、小室圭は無給だった。

無給でインターンをやるのは、無休でいいから経験を積ませてほしいと頼んだとしか考えられないBy前出Ny在住弁護士

★小室圭は前述のとおり、就活にあたり、昨年夏は大きな法律事務所のインターンがキャンセルになったと説明していたが実際には、日系人会の重鎮の事務所で無給でインターンをしてたのだった。

★通常は夏のインターン先にそのまま就職が決まるケースがほとんどだが、日本人会会長の事務所は中規模でとびぬけた収入も見込めないので、小室圭は秋になっても就活を続けていた。

ゲーリー森脇氏に取材を申し込んでも「何もお伝えすることはない」としか答えない。

上芝弁護士は一連の経歴粉飾について・・・

質問状を週刊文春が送ったが期限までに回答なし

誤記ではなく全くの虚偽を書いている小室圭

★小室圭が記載した経歴は、誤記ではなく虚偽

★アメリカはインターンを重視する傾向があるので、それを盛って書いているなら悪質

★虚偽が発覚したら事務所側が解雇する可能性がある。

現在のアメリカはアジア人には危険

★コロカ禍を契機にアジア人へのヘイトクライムが急増。

★NYは食費などの生活費が高いだけではなく、家賃が高いが、アジア人へのヘイトクライムが前年比3倍なので家賃が高くても、セキュリティの万全なところに住む必要がある。

小室佳代もNYについていくのか?

★勤務先の洋菓子店で労災詐欺を働き、今も無断欠勤が続いている。

15年間雇ってくれた感謝は微塵もないわね

★弁護士を立てた話し合いをしているので、このまま退職となるだろう。

★佳代もNYに行くつもりなのか?

障壁となるのはビザの問題

★アメリカでは留学のために発行される学生ビザについて、配偶者と21歳未満の子供には家族ビザが出る。

★しかし原則として親には適応されない。

★親自身がビザを取らない限り観光ビザしか取れず、滞在できるのは最長で90日間まで、

角田の爺さんはどうするのか?

★佳代の実父は佳代の弟夫婦と暮らしていたが折り合いが悪く、圭が大学生の頃、小室佳代のところに転がり込んだ。

★再び弟夫婦が爺を引き取るとは考えにくいので、佳代は父親を置き去りには出来ないのでは?と思われる。

コロシチャウかもよ。

金銭トラブルに動き

★上芝弁護士が元婚約者の代理人を呼び出し、解決金を支払う話し合いを始めた。

以上週刊文春

小室圭さん 近く帰国見通し 宮内庁 眞子さまとの結婚発表準備

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまとの結婚の調整が進められている小室圭さんが、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く帰国する見通しとなったことが、関係者への取材でわかりました。
宮内庁は、来月の結婚も念頭に発表の準備を進めていて、眞子さまは、小室さんの帰国後、2人で記者会見などの機会を設け、結婚について報告される見通しです。

関係者によりますと、小室圭さん(29)は、ことし7月に受験したアメリカ・ニューヨーク州の司法試験の合格が見込まれるとして、州内の法律事務所から就職の内定を伝えられました。

小室さんの就職先は、日本人が弁護士として採用されるのは初めてとなる大手の法律事務所で、小室さんは、就労ビザの取得も終えて、現地での生活の基盤が整ったということです。

これを受けて小室さんは、眞子さまとの結婚のため、今月末には帰国が可能となるよう準備を進めていて、近く、3年ぶりに帰国する見通しとなったということです。

眞子さまは、小室さんの帰国後、新型コロナウイルス対策の待機期間が終わるのを待って小室さんと再会し、2人で記者会見などの機会を設けて結婚について報告されるものとみられます。

眞子さまは、30歳の誕生日を迎える来月23日までに結婚される可能性もあり、宮内庁は発表に向けた準備や調整を進めています。

眞子さまは、アメリカに渡って小室さんと2人での生活を始められる見通しで、小室さんは、新たな住まいの準備を急いでいるということです。

眞子さまと小室さんの結婚にあたっては、小室さんの母親の金銭トラブルに対する批判的な世論などを踏まえて、女性皇族の結婚に伴う儀式はすべて行われず、結婚式も開かれない見通しです。

また、結婚によって皇室を離れる際に支給される一時金についても、眞子さまは、受け取らない意向を示されているということです。

ぺんぺん草の独り言

NHKの報道には本当に悔しくてたまらない。

★アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の合格が見込まれる
★州内の法律事務所から就職の内定
★就労ビザの取得も終えている。

しかも日本人が弁護士として採用されるのは初めてとなる大手の法律事務所

これだけを見た、皇室問題に関心のない人や若い子は、小室圭って頭いいんだな、立派だなと思うんだろうね~。NHKは、アホの皇族をご立派な、と報道するからね・・・。

日本の医師国家試験は90%合格率で誰も合格するから簡単だという人がいるけど、大学に入る時点で淘汰されていて、在学中も淘汰され、残った人が受ける試験だから90%になるだけ。

以前の日本の司法試験は、淘汰されていない、だれでも受験できたから、合格率が低いのは当然。

アメリカは大学わずか3年で90%の合格率ってのは、かなりの広き門。

日本人が弁護士として採用されるのは初めてとなる大手の法律事務所というけれどどこまで本当かわからない。しかも、その事務所にも虚偽の経歴を提出していると思われるから、今日、帰国して記者会見をすると発表し、皇族と並んでいる画像を配信させることで、事務所から解雇されるのを防ごうとしているのではないか、と思う。

就労ビザも皇族と結婚するという特典を最大限に利用して得たビザだと思う。

小室に関して思うことは、ともかくこの人はズルい、狡猾。

そして、眞子の国民に対して負けるものか!どんなズルい手を使っても勝ってやるという、ここまで国民を敵に回し、苛立たせた皇族はいない。こんなズベコー、皇族じゃないわ。

佳子さまは成年の会見で、ICU受験は、まるで合格が決まっているようにマスコミが報道したがそんなことはない!と会見で言い放ち、随分勝気な人だと思ったわよ。

裏口だと思われたら悔しいんだろうけど、裏口に決まっているやん。お勉強出来ないくせに・・。

誰も正面から受験して合格するとは思ってないし、勉強ができるとはだれも思ってないわよ。

秋篠夫婦、眞子と小室圭は国民に喧嘩を売って、勝ったつもりなんでしょうね。小室はホントに恐ろしい奴だわ。こいつが皇室関係者になってしまうのであれば、悠仁さまは気の毒だけど家族で皇籍離脱してほしい。これを許す奴らが皇族でいることは許されないことだわ。だれのおかげで暮らしているのか考えてみてほしい。全員でアメリカに行けば?

おすすめの記事