マスクを取った小室圭((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

小室圭は、すでに大手法律事務所で働いていているそうです。

小室圭、内定先の法律事務所関係者と会食

マンハッタン中心部にあるレストランに入りました。内定している法律事務所の関係者と会食をしたものとみられます。会食は1時間ほどで、小室さんは頻繁に笑顔を見せて、会話を楽しんでいた様子でした。

NYの大手法律事務所に出勤

小室圭ヤクザ

小室さんがニューヨークなどアメリカ全土に5カ所の拠点を持ち、従業員350人以上が働く大手の法律事務所で勤務していることが分かりました。

24日、法律事務所に入っていく様子や勤務先を出て車に乗っている姿をANNのカメラが捉えました。

小室さんが勤務する法律事務所は2008年以降、急成長していて、ウォール・ストリートジャーナルは、「企業法務のエリート集団」と紹介しています。

小室さんは助手として最先端テクノロジー会社を担当しています。

ぺんぺん草の独り言

やくざ小室圭

すでに大手法律事務所で働いているこの小室圭を見て、第一印象が怖い、恐ろしいでした・・・。

小室圭小室佳代暴力団人殺し

この画像が出回った時、この親子は皇室にふさわしくないという思い以上の感情を今回持ちました。

本当に怖い、普通じゃない

そんな印象です。

父親の小室敏勝さんの焼身自殺のご遺体に不審な点があるので、生命保険会社は死亡保険金を7年間出さなかったそうですが、眞子サンとの婚約内定を受けて、警察の捜査は終了し、

その父親の遺族年金について、不正受給と言われながらも捜査もされず、

15年以上、雇ってくれた洋菓子店に対して、労災不正受給しても皇族と関係をもてば、何をしてもアンタッチャブルになることが納得できません。

小室圭が批判されるのは、貧乏な国民の嫉妬、妬みだとする記事も出ているようですが、嫉妬妬みのような下衆な感情ではなく、法治国家を覆されることへの怒りなんだと思います。

上の画像は一瞬をとらえたものですが、人となりを表していると思います。小学校中学高校で陰湿ないじめをしていたというのもこの顔を見たら、あ~ホントなんだわ、と思わされます。

今回の彼の姿、にらみつける目つきは、国立音小で味わった経済格差に端を発し、世の中を恨み、どんな手段をもってしても成り上げってやると思い続けた彼なりの到着点なんでしょう。

しかし最も権力を持たせてはならないタイプの人間に権力を持たせてしまいました。

眞子サンと夫婦である限り、彼は仕事が出来ても出来なくても事務所を解雇されることはないでしょう。慎ましやかとは縁遠い、派手な生活をしていくのだと思います。

アメリカに出発するまでは、皇族言葉を使っていい人を演じていましたが、ついに本性を出したということでしょうかね。宮内庁も秋篠夫妻も本当は破談にしたかったが、出来なかったんでしょう。

27日午後、一時帰国をするらしいですが、その後二人で渡米し、二度と日本の土を踏まないでほしい。ついでに皇室特権でカヨと爺のビザも出して、4人ともアメリカで暮らせばいいと思います。

元婚約者も代理人も、あんまりしつこく返せと言い続けたら、怖いことになるかもしれない、これ以上は書けないけれど、そうなるかもですよ。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

小室家の本家にまで記者が取材に行ったら「カヨには絶対に近寄ってはダメだ、あんな怖ろしい女はいない」という意味のことを涙を浮かべて話したらしいですよ。Kはその息子ですよ。スカイプでいつも「マコはいつも可愛いね」と言い、あとで、舌を出していたのかもしれませんが、マコさんは気付かない。マコサン自身が小室圭にそっくりな人間性なんでしょう。

マコさん、誰に似たんでしょうかね?わたしは悪いけど紀子サンが皇室に入らなければ、こんな事態はなかったと思っています。紀子さんをおいたわしいなんて思わない。本気で秋篠家は皇籍離脱をしてほしい。日本のために。

これでいいのだ日記Part2さんがすでにたくさんの画像と共に、記事を書いておらますので、見てください。

おすすめの記事