東スポWeb記事の題は《小室圭さん 愛だけでは乗り越えられない「分不相応」の壁》です。しかし誰もが思うことは、愛なんてないでしょ、金目当てでしょ、ということです。「小室圭氏は『分不相応』」なんだよ!

小室圭氏は「分不相応」

本来ならばとっくに結ばれているはずが、2017年末に一部女性誌で小室さんの母・佳代さんの〝借金トラブル〟が報じられたことで、状況が一変。

小室親子は19年1月に元婚約者男性が工面した400万円は「贈与に当たる」と説明する文書を公表したが、世間はそれを「借金の踏み倒し」と判断し、さらなるブーイングを浴びせた。

実際、借金の踏み倒しをしたよね

それでも秋篠宮殿下は昨年11月の会見で「(2人が)結婚することを認める」と発言。「多くの国民が納得すれば…」と条件付きながら、GOサインを出した。

この結婚に納得する人なんかいないよ。いるとしたら皇室に無関心な人だけ。

皇室ライターによると「週刊誌でボロカス叩かれても、眞子さまと小室さんの互いを思う気持ちは全くブレなかった。ある意味、(殿下が)根負けした形」と話す。

小室親子にとって、これ以上の上玉は、もう二度と現れないので、絶対に離さないよう、毎日スカイプで連絡をしているんだろさ!

ところが、年末年始にかけて不穏な空気が漂い始める。発端は昨年末に発売された「女性セブン」と「週刊文春」。

前者は小室家の最大タブーとも言える実父と父方の祖父の自死に切り込んだもので、佳代さんの人間性に焦点が当てられている。

週刊新潮、文春、女性セブン、小室佳代怖い・・gkbr

後者は知られざる小室さんの中高校時代の話で、男子グループで1人の女子生徒を退学にまで追い込んだという。

小室圭氏の本性・同級生への陰湿なイジメ

この報道に驚いたのが秋篠宮夫妻と美智子上皇后です。どちらの話も初耳。

天皇皇后雅子さまは驚かないの?こんな人と親戚になるんだよ。ともかく天皇皇后雅子さまはこの件についてずっと他人事で、批判の矛先が秋篠宮家に移ったので嬉しい、ホッとしているが本音でしょ。情けないね。

小室さんの肉親が亡くなっていたことは把握していましたが、その経緯はよくわからなかった。小室さんの〝裏の顔〟が記された文春もショックだった。小室親子の説明いかんでは、眞子さまとの結婚に再び暗雲がたち込めることになります」(同)

宮内庁の西村泰彦長官は先月10日の定例会見で、小室さんサイドに「説明責任を果たすことが重要だ」とプレッシャーをかけたが、それは借金問題だけではなく、あらゆる疑惑に及ぶ。

「小室さんの代理人は宮内庁とやりとりしている。当然、一連の週刊誌報道は否定しているが、それで国民が納得するかは…。もはや疑惑うんぬんよりも、小室家のルーツを踏まえた上で、眞子さまの結婚相手として『分不相応』という評価が浸透してしまっているように思う」(ワイドショー関係者)

当の眞子さまは米国留学中の小室さんと「密」に連絡を取り合い、〝別次元〟で生きている。以前は週刊誌報道にピリついていたそうだが、小室さんがかねて繰り返す「マスコミのでっち上げ」という説明を信じ、最近はネガティブな気持ちになる報道から距離を置いているという。

〝愛のチカラ〟だけでどこまで通用するか――。

ぺんぺん草の独り言

当然、小室圭は眞子サンを離したら残るのは借金だけだから、何が何でも手放したくないから、週刊誌報道はでっち上げと言うだろうね。それを信じるバカ眞子。

眞子さんbusu

秋篠宮両殿下は、小室圭が陰湿にイジメを行っていた記事を読んで、どう思ってんだろ?父親の死に方だって、警察が捜査していたらしいけど、婚約内定で打ち切りのなってそのままらしいから、真実はやぶの中だよ。

ずい分前、ロス疑惑ってのがあった。

疑惑の総合商社とはこういう人のことを言うんだけど、日本の法律では無罪になっている。殺意があっても、巧妙に証拠が隠滅されていたら、裁判では有罪に出来ない。仮にこの男の息子と眞子サンが恋仲で、結婚出来なかったら生きていけないとごねたら、秋篠宮殿下は結婚を認めるのだろうか?

故三浦和義はロサンゼルスの拘置所で自殺したよね。法律で裁けなかったから、お天道様が裁かれたと当時思ったものだった。

皇族と関係する人は清潔さが求められると思う。秋篠宮殿下は紀宮さまに黒田さんという、清廉な人を紹介できたのに、なんで自分の娘の結婚相手が、疑惑だらけなんだろ?それでいいの?よくないなら破談にしてよ。

三浦和義の子分みたいな女の息子と結婚させることだけはやめてほしい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】三浦和義事件 ロス疑惑の真実 [DVD]
価格:2750円(税込、送料別) (2021/1/12時点)

楽天で購入

 

 

おすすめの記事