米タブロイド紙が小室圭をペテン師と報道

小室圭これが伝説の直角おじぎ

外メディアも先週末、秋篠宮家の長女・眞子さま(29)の結婚発表を詳しく伝えたが、米タブロイド紙のニューヨーク・ポストは婚約者・小室圭さん(29)に焦点を当て、その家族を含め、日本国内でどう報じられているか、きわどい表現を使って紹介した。

同紙は、「日本国内で取り沙汰されているのは〝メディアによる昼ドラ〟」とし、「如才ないやり手の役として眞子さまの夫となるポニーテールの小室圭さんと、押しが強く、抜け目のない母親をキャスティングしている」と表現した。

「もし日本の悪名高いゴシップ誌を信じるなら、プリンセスは、将来が見えないニューヨークへ連れ去ろうとするペテン師と駆け落ちする…ほとんど無一文で」と続けた。

無一文じゃないよ。1億円以上は持ってるよ、眞子サンは。

一方、同紙は眞子さまを支持する人たちが、「小室さんと結婚し、米国に移住することは皇族の息苦しい家父長制から解放される機会だ」と主張したと伝えた。

また、結婚後にニューヨークに引っ越した後、小室さんは同市にある大手法律事務所ローエンスタイン・サンドラーで勤務するとし、今年5月、元テニス選手ジョン・マッケンロー氏の娘アンナさんら同級生と共にマンハッタンのフォーダム大学ロースクールを卒業したと付け加えている。

へ~、マッケンローの娘と同級生だったのかあ~wwwマッケンローは弁護士の息子、父親が彼の莫大な資産を管理してきたが、今度は娘に管理させるために弁護士にしたんだね。大学はフォーダムに入れたんだね、簡単なんだね。、フォーダムって。フォーダム大学は有名人の子の入学者が多い、つまりコネ入学が多いとどこかで読んだけど、ホントかな~www眞子サンではなく、マッケンローの娘を引掛けたらよかったのに・・・。莫大な資産があると思うよ。

出典:小室圭さん 米タブロイド紙が「ゴシップが本当ならプリンセスを連れ去るペテン師」と報道

ぺんぺん草の独り言

NYに行けば解放されて自由になると思っているだろうけど、日本よりもっとエグイパパラッチに追いかけまわされることにならなきゃいいけどね・・・。

ゴシップを信じるとしたら・・・って書いているのは、アメリカは訴訟の国だから、断定して訴えられたら面倒だから、こう書くんだろうけどね。

どうせカヨさんの遺族年金詐欺は不問に付されるだろうから、家族全員でNYに行けばいいのよ。カヨさんならNYでも何かやってくれそうよ。渦中にありながら平気で労災詐欺をしてるんだからね。

眞子サンがNYに行ってからも、今度はアメリカやイギリスのタブロイドがいろいろ記事を書くかもよ~。

皇室が好きで大切に思ってきたけど、皇室関係者になれば公金詐欺をしても捜査すらされないことがわかりがっかりだし、眞子サンが複雑性PTSDだそうで、それを発表した途端にマスコミは手の平返しで、酷いと思ってたのよ。

外国なら日本の皇室に忖度なく書いてくれるかも。遺族年金に労災詐欺疑惑、父親の不審な自殺、祖父母の連続自殺なども調べてほしいし、皇室関係者になったら、日本は捜査すらしないことも合わせて書いてほしい。

 

おすすめの記事