錦織圭くん、アレックス・デミノーに完敗

錦織圭全米オープンテニス3回戦で敗退
出典:THE TENNIS DAILY

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会5日目、男子シングルス3回戦。第7シードの錦織圭(日本/日清食品)は2-6、4-6、6-2、3-6で世界38位のアレックス・デミノー(オーストラリア)に敗れ、3回戦敗退となった。

アレックス・デミノー選手とは

  • オーストラリア・シドニー出身
  • 1999年2月17日生まれ
  • 身長180cm、体重69kg。
  • ATPツアーでシングル2勝

錦織圭くんの反撃を止めたデミノーのスーパーディフェンス3選

錦織圭くんのドロップショットを取って取って返しまくる。こりゃあ、錦織君困りましたよね。

一方錦織くんは凡ミス連発。第1第2を連取されて、まさかのストレート負け?と思ったけど、第3セットは取り返したので、調子が上がってくるのを期待。

しかし勝つにはフルセット戦わなくてはならなくなったので、また体力消耗するし…前途多難の思ってたら、第4セット、特に終盤、あっさりと終わって、錦織くんの2019年全米オープンは終了しました・・・。

ぺんぺん草の独り言

大会前の前哨戦で西岡良仁選手にあっさり負けたとき、全米オープンは厳しいだろうとは思ってたのよ。1回戦は予選を勝ち上がってきた人で、明らかに力の差があり、相手が途中棄権したので1回戦勝ち。1回戦2回戦は相手が圧倒的に格下だったから勝ったけど、錦織くんの調子は悪くて、これではだめだ…と思ってた通りになっちゃったわね・・。

勝てない相手ではなく、勝つことはできたはず。でも勝てなくなっちゃった・・・。体力気力をリカバリーさせて、もう一花、咲かせて頂戴。

おすすめの記事