東京オリンピックが約1年くらい、延期になったわね。今の世界中の武漢コロナ蔓延を見たら、当然のことで致し方ないわ。

東京五輪に出場が決まっている選手の感想はさまざまよ。年齢的にぎりぎりで、東京まで頑張ってきた人にとって、1年は長すぎるでしょうね。

しかしバトミントンの桃田賢斗選手はマレーシアで交通事故に遭って、目の手術をして、世界ランキング1位の実力だけど、東京五輪まで間に合うのか、という危機的状況だったから、1年の延期は幸運だったと思うわ。

桃田選手眼窩底骨折で手術全治3カ月

錦織くんも右肘の故障から復帰していない状況でも、何が何でもオリンピックに出ろと言われていて、オリンピックに出たくても出れない人が大勢いるのだから、ぜいたくな悩みではあるけど、大きな負担だったと思うわよ。

1年の猶予が出来て、体調を整え、万全にして迎えられるから、ちょっとよかった~。

錦織圭くん、東京五輪延期にメッセージ

錦織圭

男子テニスで右肘故障からの復帰を目指すエース錦織圭(日清食品)は24日、東京五輪の延期決定を受けて自身の公式アプリで動画によるメッセージを発表し「少し安心した。キャンセル(中止)でなかったのと、延期したのはどの選手にも良かったことだと思う」と心境を語った。

現在は米フロリダ州ブラデントンの拠点で復帰に向けて取り組んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大による影響を心配しながら「2021年に東京でまた五輪が開かれることに対して、とてもうれしく思う。そのチャンスをいい形で迎えられるように準備をして、楽しみにこの期間を待っていようと思う」と語った。(共同)

ぺんぺん草の独り言

テニスのプロ選手はATPツアーでポイントを稼いで、全豪全仏全英全米で優勝することが最大の目標で、オリンピックはすべてのタイトルを取ってから最後に考えることのようよ。

ジョコビッチはすべてのタイトルを取って最後のタイトルとして、東京五輪出場を予定しているのよね。そのためにわざわざ、試合会場の下見のために、楽天オープンに出て、あっさり優勝してたわよね。

楽天テニス、ジョコビッチ優勝

ジョコビッチはさておき、オリンピック延長で困惑している人も多いと思うわ。

卓球の水谷隼選手は東京五輪まで現役を続けると表明していたので、今年の7月に標準を合わせて調整していたはずで、また1年となると、体力より、精神的に苦しいんじゃないかと心配。

でも、東京五輪中止の最悪は今のところはないので、よかったわ。早くワクチンが出来てほしい。治療薬が出来てほしい。それがあれば、感染爆発は起こらないだろうからね。

ティーム選手が書いているように、お互いの健闘をたたえて抱き合える時が早く戻って来てほしいわよね。

 

おすすめの記事