現在アメリカシンシナティで開催中のATP1000で初戦の2回戦で錦織くんは世界ランキング77位の西岡良仁くんにストレートで負け、試合後、ウインブルドン後ずっと息苦しいと明かしたのですごく心配していました。が、練習を再開し、練習の様子を公開したのでっちょっと安心しました。

息苦しいということは貧血になっているの?と、恐ろしいことを密かに想像してしまって、もう全米で優勝しなくていい、元気でいてくれるならそれでいいと思ったのでした。ともかく健康であることが第一だから~!

アメリカシンシナティで開催されているATP1000は予想を覆して、ジョコビッチが準決勝で敗退。ゴファンとメドベージェフの決勝になりました。

ATP1000

アメリカシンシナティATP1000ジョコビッチ戦

スカパーの再放送で見ました。メドベージェフってジョコビッチより背が高く、ヒョロリと痩せていて、強そうには見えない選手です。第1セットはジョコがとったので、どうせジョコがあっさり勝つんでしょと思いながら、流し見をしていました。

しかし第2セットに入ってから、メドベージェフのサーブがすごかったんです。セカンドであれだけ打ち込まれたら、ジョコビッチでさえ苦しかったでしょう。逆転負けをしちゃったのでした。

メドベージェフってどんな選手?

・1996年生まれの23歳
・ロシア生まれで現在はフランス在住
・自己最高シングルスランキングは8位。
・198㎝

4大大会最高成績

・全豪 4回戦(2019)
・全仏 1回戦(2017、2018、2019)
・全英 3回戦(2018、2019)
・全米 3回戦(2018)

ぺンぺン草の独り言

4大大会の成績は錦織くんのほうが当然上です。が、メドベージェフはまだ23歳で、今からの選手なのに、すでにジョコビッチが取れないサーブをガンガン打ち込むことができます。身長が198㎝でジョコより高いんですからね・・。

今夜、午前1時からATP1000の決勝戦のライブがスカパーで放送ですが、そんなの見ません・・・。

メドベージェフとゴファンのどちらが優勝しても、全く思い入れはありませんよ~だ!・・・という気分だからです。
錦織くんがケガをしないで、病気をしないで全米で全力を出せたら、それでいいです。26日からの全米、体調万全で迎えられるようにと祈ってます。

おすすめの記事