錦織圭くんは現在ドバイ選手権に出場中です。調子がいいみたいです。

初戦勝利は先日書きました。

次のゴファン選手は最近誇張だけど、今まで全勝しているのでいけるかな?と思ったら勝ちました。次の試合もあまり期待していなかったら勝ちました。

錦織圭連続勝利

次はハリス選手です。

そのハリス選手に世界ランキング4位のティームがいいところなしで負けました。

ドミニクティーム、ハリスに敗退

錦織圭、今季2度目の8強入り

錦織圭

◆男子テニス ドバイ選手権第4日(17日・UAE) ▽シングルス3回戦錦織(日清食品)6―4、6―4ベデネ(ベルギー)

シングルス3回戦で、世界ランク41位の錦織圭(31)=日清食品=は、同59位アルヤジ・ベデネ(31)=スロベニア=にストレート勝ちした。8強入りは前々週のABN・AMROワールド(オランダ・ロッテルダム)以来今季2度目。3試合連続の勝利は19年7月のウィンブルドン選手権(4試合勝利して8強)以来。「去年は1回勝つのがいっぱいいっぱいだった。3回勝っているだけでも大きな進歩」と評価した。

ティーム 初戦敗退の波乱

ティームドバイ初戦敗退

男子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は16日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク81位のL・ハリス(南アフリカ)に3-6, 4-6のストレートで敗れる波乱が起きた。

シード勢は1回戦免除のため、この日が初戦だったティームは予選から勝ち上がってきたハリスに9本のサービスエースを決められた。さらに1度もブレークチャンスをつかめずに1時間12分で力尽きた。

勝利したハリスは、3回戦で第14シードのF・クライノビッチ(セルビア)と対戦する。クライノビッチは2回戦で世界ランク52位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

これは2日ほど前の記事だから、ハリスはすでに3回戦で第14シードのF・クライノビッチ(セルビア)に勝って、今度、錦織くんと対戦する。

同日に2回戦では、世界ランク41位の錦織圭が第5シードのD・ゴファン(ベルギー)をストレートで破り、ベスト16進出を果たした。3回戦では、世界ランク59位のA・ベデネ(スロベニア)と顔を合わせる。

錦織くんはベデネ(スロベニア)にも勝って次はティームに勝ったハリスと対戦

ぺんぺん草の独り言

ハリスって選手、予選からの勝ち上がりらしいよ。勢いに乗っているのは事実のようだけど、次の錦織くんの試合でも勝ったら本物だし、もし錦織くんが勝てば錦織くん、やっと以前の錦織くんに戻ってきているってことだわね。

ティームは去年全米でチャンピョンになって、チャンピョンになった翌年は、大坂なおみも絶不調だったし、ケニンも勝てなくて、プレッシャーに押しつぶされそうだと涙を流してたもんね。

今、苦しいと思うけど、必ずまた復活してチャンピョンになれると思う。必ずグランドスラムをまた、取る時が来ると思うよ。

今回のドーハ大会は錦織くんに注目~~!優勝してほしいね~。

おすすめの記事