カナダメディアが眞子サンと結婚した小室圭を「ゴールドディガーだ」と形容したそうです。「ゴールドディガー」ってなにかしら?調べてみました~。

小室圭はゴールドディガーByカナダメディア

「眞子と小室は彼らの行動によって(国民からの)人気がなく、メディアは彼らを英国のヘンリー王子とメーガン妃の日本版と呼んでいるのが現実だ。結婚式の後、彼らはジャーナリストと向き合い、彼らの関係をめぐる論争に取り組んだ」と結婚会見の様子などを伝えた。

今回の結婚に反対の声が多い理由として「なぜこの結婚はそれほど見下されているのか。それは彼の家族にある。小室の教育に資金を提供したことについて、小室の母親と元婚約者の間で金銭をめぐる論争のために結婚が延期された」と小室さんの母親を巡る金銭トラブルについて指摘。

そして「小室の結婚の意図が、金のためなのかという憶測を招いた」とした上で「言い換えれば、小室は〝ゴールドディガー〟のらく印を押されており、それがメーガンと同様に非難されている理由だ」と糾弾した。

ゴールドディガーとは、恋愛ではなく金銭目的で他人と交際する人という意味があり、小室さんにとっては屈辱的な〝愛称〟を付けられてしまった格好だ。

2人の結婚を巡っては、海外でも様々な憶測を呼んでしまっているようだ。

東京スポーツ

「ゴールドディガー」とは何でしょう?

ゴールドディギング(gold digging、直訳すると「金鉱の採掘」)とは、人(特に女性)が、恋愛ではなく金銭のために他の人と交際することである。

日本語の玉の輿に近い概念である。

そのような人のことをゴールドディガー(gold digger)、または金採掘者、という。

ぺんぺん草の独り言

ゴールド ディガーは金目当てで男を捕まえる女を揶揄する言葉のようですね~。メーガンのようだとも言われているらしいけど、メーガンは女優の仕事をしていた時にそれなりの貯金があるだろうし、アメリカでの人脈はメーガンの方が多く、ヘンリーの妻であることを利用して金儲けをしているだけで、もしヘンリーと結婚していなくても無職ってことはないので、比べるのはどうかしらね~www

最初この記事を読んだとき、Gold Diggerじゃなく、Gold fingerと読み間違えちゃった~www

★AV男優である加藤鷹の異名。
★お笑い芸人である江頭2:50の異名

ああ、Gold fingerじゃなく、Gold Diggerかあ、と思ってかと思ったの。

ゴールドディガー(Gold Digger、1962年5月28日 - 1990年2月21日)は、アメリカ合衆国の競走馬、および繁殖牝馬。

だって今のKは2月の再試験合格より眞子サンを妊娠させることに必死だと思うから~www
ホントの意味は

Komuro-Kei is going out with Mako only because she is a Imperial family. What a gold digger!"

って感じかなあ~

しかしこのGold Diggerって言葉は、金持ちに近づくを指していて、男の小室さん、超恥ずかしいやんwww

昔の日本には、嫁の実家の世話になるなんて、そんな恥ずかしいことは絶対しない、なんて考えがあったけど、当初から嫁の実家の財力をあてにしてんだから、時代が変わったのかしらね。

よく小室圭はホストのようだと言われるけど、ホストはアホなおばちゃんを喜ばせるために身を粉にして働き、妻子を養っているのよ。同じにしたらいけないと思うわよ。

おすすめの記事