9月8日の午後、紀子サンが11日に55歳のお誕生日をお迎えになるにあたり、ご本人が綴られた“肉声文書”がテレビ局や新聞社が所属する宮内記者会向けに公表された。

マコの結婚を尊重したいんだそうです。なぜ自分は反対なのだが・・と書けないんだ?

紀子サンは眞子×小室圭結婚を尊重するそうです

質問は全部で3問。

“この1年の振り返り”

“悠仁さまのご進学とご家族の近況”

“眞子さまと小室圭さんのご結婚の見通し”について

今年のご回答は昨年のものとほぼ同じ内容

”長女の気持ちをできる限り尊重したい”

・“(結婚に関する)見通しなどの言及は控える”

といったニュアンス。

紀子サンは小室圭と結婚するという眞子の意思を尊重されるということである。

9月中旬以降に正式発表

内容的には“ゼロ回答”ではあるが、それもそのはずである。

眞子×と小室圭の結婚について、宮内庁もまだ正式発表はしていないから。

紀子さまの今回の文書回答についても「あくまで結婚が決まったわけではない」という前提のもと、答えている。

宮内庁はまだ正式には認めていない

・「9月1日、複数のメディアが“眞子さまが儀式を行わずに年内結婚の見通し”と報じたことで既成事実化しているが、宮内庁はまだ認めていない。

・この報道の2日後、秋篠宮家の最側近である皇嗣職大夫は定例会見で“現在関係の皆さまで相談されている。然るべき時期が来ればお知らせする”とコメントしている。

・実際、宮内庁としては紀子さまのお誕生日が終了した後の9月中旬以降に、正式に発表する方向で調整している。(宮内庁関係者)

・紀子さまは小室家に対する不信感はかなり強く、結婚に対して否定的だったと報じられている。

じゃあ、なんで力づくでも破談にしなかったんだ?

・だからこそ、紀子サンはこれまで、眞子との“対話”を大事にされてきた。

・紀子サンは婚約が延期されてから1年ほどは、結婚問題について直接眞子さまと話することができなかった。

・それから徐々に対話を重ね、『全日本ろうあ連盟』が配信した映画や、若手芸術家を支援するチャリティーコンサートを一緒に視聴、さらに週末には畑の草取りや野菜の収穫なども一緒にしていた。

・コロナ禍になってからは、住まいでの時間が増えたことで、医療団体向けにふたりで手作りしたフラワーアレンジメントを贈られるなど、母として眞子と密に接してきた。

・戦後初となる“儀式なし”のご結婚であることが濃厚。

・愛する娘が皇室の歴史において“汚点”となる可能性がある。

私たちには想像できない、そして言葉にできないほどの悲しみがおありでしょう……。

・一方、アメリカに滞在中の小室は、年内に帰国して会見を開く可能性が高い。
出典:【独自入手】紀子さま涙!お誕生日文書で眞子さまと小室圭さんの結婚を「尊重したい」

ぺんぺん草の独り言

今、言葉にできないほどの悲しみがあるなら、4年前、延期ではなく、白紙にしたらよかったのよ!

金銭トラブルなど多くの問題がクリアになり、国民が納得し、多くの人が祝福してくれる状況になったらまた考えると宣言すれば、小室圭は婚約者ではなくなり、フォーダム大学に留学することも出来なかったと思う。

それでも結婚しただろうけど、少なくとも、この4年間の小室佳代への警備費用を出さずにすんだよ。

小室は、年内に帰国して会見を開いても、宮内庁記者クラだけの茶番劇でしょ。小室は自己正当を主張するだけだろうし。

更に小室圭に取っては、記者会見をすると、画像や動画が残るので、自分は皇室関係者だとアメリカで証明することになり、今後、ますます皇室特権を利用するよ。絶対、会見をやると思う。

紀子サンは悲しいと言いながら、元国連職員を秋篠家に雇い入れて、小室圭の仕事のことを考えてあげてるやん。

あ~バカバカしい!

これで眞子サンも詐欺一家の仲間入りね。

おすすめの記事