ニューヨークで大手弁護士事務所への就職が決まり、結婚後の生活基盤が整ったことで、結婚へGOと言うことになったようだけど、ニューヨークでの就職活動で、現地の大手法律事務所などに提出した小室の「経歴書」に虚偽の内容が含まれている疑いがあることが「週刊文春」の取材で分かったそうよ。

やりかねないわね~。

経歴詐称って、懐かしい響きだわ~。野村サッチーを思い出す~★

小室圭「経歴書」に虚偽の疑い

ある大手事務所に届いた小室さんの経歴書について、同書類を見た人物がこう証言する。

「小室さんの経歴は、国際基督教大学(ICU)に在学中の2012年9月から2013年6月まで、交換留学でUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に通ったとなっています。経歴書には、同じころに電通アメリカでインターンをしていた、とも記されていました。勤務地はカリフォルニアで、マーケティング業務をしたとのことでした

電通アメリカは、NYに拠点を構える電通のグループ会社だ。だが、電通グループに小室さんのインターン歴について聞くと、こう回答があった。

「そのような事実は確認できませんでした。また、当時の電通アメリカには、カリフォルニアに事務所は存在しておりません

さらに、電通幹部にも取材すると、こう首を傾げる。

「学生のインターンは、内定者か、よほどのコネがなければ取らない。電通アメリカの下請けなどで働いていたのを、“盛って”書いているのかもしれません」

長谷川裕雅弁護士が指摘する。

「とくにアメリカでは一般的にインターン歴を重視する傾向があるので、それを“盛って”書いていたとしたら悪質です。虚偽が発覚して、法律家としての信頼に堪えないと判断した場合、事務所側が解雇する可能性も十分考えられます」

小室さんの代理人を務める上芝直史弁護士に質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。

「週刊文春 電子版」で詳しく読めるんだけど最初の7日間だけ無料で、あとは月額2200円かかるから「週刊文春 電子版」は申し込まず、明日発売の「週刊文春」で読むことにする。高すぎるわよ!

ペんぺん草の独り言

NYの大手弁護士事務所に就職のために提出した小室の「経歴書」は、マスコミに、詳しく調べられる可能性があるって思わなかったのかなあ~www

バレないと思って経歴を盛ったんだろうけど、就職先に文春は、連絡してほしいわねwww小室圭は嘘ついてますよ~って教えてあげて。

虚偽が発覚しても、眞子サンの婚約内定者だったら、目をつぶって雇うかなあ?

アメリカの正義が問われる事案だわね~

★小室が経歴書に記した日本のメガバンク勤務時代の表彰歴

★「米国の大手事務所で昨夏インターンが決まったが、コロナでキャンセルになった」旨の説明に関する疑義

★経歴書の添え書きに記された眞子さまとの関係

メガバンク勤務時代に表彰なんてしてもらってたの?wwwこれも嘘?

自己弁護、弁解や嘘や、眞子サン利用は、この人そのものね~。母親は年金詐欺、息子は経歴詐称。そっくり親子ね~www

今週号の週刊文春、楽しみ~www

フォーダム大学でのチビの小室圭

フォーダムでの小室圭だわよ~www左にいる男、普通に大きいわね。見上げてばっかりだから首、凝るよね~wwwアメリカ人から見たら小学生にしか見えないだろうに、虚勢を張って人を小ばかにした表情、恥ずかしい・・・。アジア人だってことだけで差別されるのがアメリカなのに、こんなにチンチクリンで、差別されない?www眞子サンと結婚したら背が伸びる?www

おすすめの記事