韓国メディアの書くことに初めて留飲を下げたわ。日本では書かないことを忖度なしで書いてくれたわ。

韓国メディアが小室圭の〝疑惑〟を猛批判

小室圭性格の悪さが丸見え

韓国メディアが26日に眞子さま(30)と結婚する小室圭さん(30)に対する〝疑惑〟を猛追及した。

日本では書けないことを書いて頂戴!

「日本の眞子プリンセスの婚約者である小室圭には(皇室と姻戚関係になることに)〝不適格〟とする議論がある」と指摘。

「以前まで非難の対象は彼の母親だった。恋人に借りた400万円を返済せず、税金で運営されている皇室に救いの手を求めるのではという懸念からだった。

しかし、今非難の矢は小室圭に直接向かっている。

最近、米国ニューヨークで弁護士資格試験を受け、ニューヨーク州の法律事務所に就職が決まるなど勢いに乗っているが、実力より〝プリンセスの彼氏〟ととしての威光が作用しているという疑惑だ」と糾弾した。

最近ニューヨーク州弁護士会の論文コンペで優勝した小室さんの論文に対しては「実際に論文の内容が優勝に値するものだったのかは、疑問を醸し出している」。

さらに「小室に向けられた不適格議論はここで終わらない」としたうえで

「弁護士ではなく、法律事務所の従業員であった彼が全額の奨学金を受けて、米国ニューヨークのフォーダム大ロースクールへの留学ができたのは『日本皇室の王の婿』と呼ばれる〝バックライト〟が作用したおかげという疑惑だ。突然、学費を全額免除してくれるなど疑問が膨らんでいる」と厳しく追及した。

韓国では小室さんへの批判的な論調が高まっているようだ。

wwww

ぺんぺん草の独り言

韓国の記事は今まで、見当違いの日本批判ばかりで、日本が嫌いだからって嘘はいかんでしょ、と思うことが多かったけど、今回ばかりは事実を書いてくれて全面的に賛同して、ありがとうと言いたい。

”「弁護士ではなく、法律事務所の従業員であった彼が全額の奨学金を受けて、米国ニューヨークのフォーダム大ロースクールへの留学ができたのは『日本皇室の王の婿』と呼ばれる〝バックライト〟が作用したおかげという疑惑だ。突然、学費を全額免除してくれるなど疑問が膨らんでいる」と厳しく追及した。”

↑テレビのコメンテーターは今はもう、誰も言わないことだわね。ただの法律事務所の事務員だったくせに、皇室をバックに出世したのよね。小室を頭がいいとか、何故青年の頑張りを応援しないのかと書く元毎日新聞記者で現在大学教授がいる。

毎日新聞が大好きなはずの韓国で小室圭の不正皇室特権利用を書いているんだけど、どうなさいます?www

更に、400万円の踏み倒しだけでなく、年金詐欺や労災詐欺、小室敏勝氏の謎の死、小室圭自身の小中高時代のイジメ事件も書いてほしい。

過去に悪事を働いていても、過去を反省して金を返し、詐欺をしたら罪を償い、謝罪するならまだしも、一切認めないままだもんね。

小室親子は悪事の末に内親王と結婚するという逆玉に成功したが、このまま逃げ切ることを許してはいけないと思う。

宮内庁は、眞子サン結婚後は小室親子の悪事に関与しないだろうし、警察も小室佳代の年金詐欺を立件するとは考えにくい。皇室と関係したら人殺しでも見逃してくれるのかもしれないほどの強烈な特権を濫用して小室親子は今後も人の善意を踏み台にして感謝することなく、生きていくだろうね。

眞子サンが天皇や上皇に結婚の挨拶をさせてもらえるだけでも問題なのに、沿道では「眞子サマ、ご結婚おめでとう」と叫ぶあ頭のおかしい輩がいるのが日本であって、情けない限り。

世界中で批判を受けて嫌われたらいい。

おすすめの記事