飯塚幸三実刑判決

東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し、松永真菜まなさん=当時(31)=と長女莉子りこちゃん=当時(3)=が死亡した事故の刑事裁判は2日午後2時から、東京地裁で判決が言い渡された。

禁錮5年の実刑判決が出たが「執行停止」の可能性があるというのだから、この爺、お前は皇族か?と言いたくなるわ!

裁判長「過失は重大。深い反省の念ない」

自動車に不具合がありメーカー側の過失で暴走したのであって、自分はブレーキとアクセルを踏み間違えていないと、反省することなく主張し続けていた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長に対し禁錮5年の実刑が言い渡された。

裁判長は法廷で踏み間違えの記憶は全くないとの証言に「過失を否定する態度に終始している。深い反省の念を有しているとはいえない」と非難した。

「執行停止」の可能性も

懲役刑や禁固刑の受刑者について、著しく健康を害する恐れや命に危険が生じる可能性があれば、検察官の判断で刑の執行を停止できる。

元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「医師と相談し、飯塚被告が刑務所の生活に耐えられるかを慎重に判断するだろう」と話す。
出典:飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決
禁錮刑確定でも「執行停止」の可能性

ぺんぺん草の独り言

ブレーキとアクセルを踏み間違えて車を暴走させて2人をひき殺しておきながら、拘留されることなく裁判になり、禁固5年の実刑になっても、飯塚幸三被告の年齢が90歳ということを考慮して「執行停止」になる可能背があるんだって。上級国民に日本は甘いね。

90歳で5年の禁固刑は実質死刑判決と同じだけど、無念の中で殺された被害者と遺族を思うと、全く反省しないこの爺には仕方がない判決だわ。

年齢を理由に執行が停止になれば、高齢者は人を何人殺しても刑が執行されないことになる。老人は人を殺し放題になるわよ。

この爺、事件発覚当時はしっかり歩いていたくせに、逮捕されないことに批判が出始めたら頃から急に杖を付き始めて、意地汚いったらないのよ。

元官僚、上級国民は逮捕されないだけでも怒りなのに、年寄りは人を殺し放題って恐ろしいわ。

小室佳代は上級国民ではないけど、捜査されない。秋篠は運転をするけど、もし轢き逃げされても、秋篠は逮捕されない。殺され損になる。

日本は法治国家と思ってきたけど、法律が適応されるのは平民にだけで、皇族や上級国民、皇族と姻戚関係を結んだ"にわか準皇族”は、したい放題だったのよ。眞子サンと人殺し爺飯塚幸三がそれを教えてくれたわ。

おすすめの記事