アメリカの動物園で園内のすべてのライオンとトラが新型コロナウイルスに感染していたことが分かったそうよ。一方、ワクチンを否定し宣伝し続けていたアメリカのラジオ司会者が新型コロナに感染して死んだそうよ。

ライオン、トラがコロナ感染

アメリカの動物園のライオントラ全部コロナに感染

アメリカ動物園トラライオン全てコロナ感染

ワシントンDCにあるスミソニアン国立動物園によりますと、17日までに園内にいる6頭のアフリカライオン、2頭のアムールトラ、そしてスマトラトラの計9頭から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました。

ライオンとトラには食欲減退、せき、くしゃみといった症状が出ていて、

トラもライオンも言わないだけで、頭痛もあると思うよ。

抗炎症薬などで治療を受けています。

この動物園では動物用のワクチンを投与していませんでした。

ワクチンを投与していないから、1頭感染したら一気に広がるだろうね~★

感染源は特定できていませんが、園内の他の動物は感染の兆候を示していないということです。

反ワクチン訴えていた米ラジオ司会者がコロナ感染で死亡

ワクチン反対派のアメリカラジオ司会者コロナで死亡

「新型コロナウイルスのワクチンは絶対に接種するな」

と訴えていた米保守系ラジオ司会者ロバート・エンヤート牧師が9月13日、新型コロナの合弁症で亡くなり、波紋が広がっている。62歳だった。

エンヤート牧師のラジオ番組「リアルサイエンス・ラジオ」の共同司会者フレッド・ウィリアムズ氏がフェイスブックで明らかにした。

先月、同番組の公式サイトで「ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン製ワクチンの接種をしない」と宣言していた。が、エンヤート牧師は妻のシェリーさんと共に新型コロナに感染。2週間ほど前に重症化して病院に搬送された。

ぺんぺん草の独り言

無症状感染の飼育員によって感染が広がったのかしら?ワクチンがあるのに何で投与しておかなかったのかしら?

このまま感染が治まらず、飼い猫に感染が広がって、変異を繰り返して猫から人に感染するようになってしまったら、野良ネコがさらに殺処分されて、国中、ネズミだらけになっちゃうわよ。ネズミが増えたらヘビも増える。

全てがバランスよく存在することが必要なんだから、ワクチンが出来ているなら投与するべきだったと思うけどね。

アメリカで、ワクチン反対派のラジオ司会者の新型コロナ感染死は、この人の信念を貫きとおした上での死だから本望なんじゃない?この人はかなりの肥満だから、感染したら重篤化し、死ぬかもしれないと誰が見ても想像できるけど、それでもワクチン接種をしない信念だったんだから、仕方ないわね。

この人、かなり偏った考えで全く気の毒とは思わない。

ある程度年齢の高い人が強硬にワクチン接種を反対していることが多いのよね。ワクチン接種をしたら死ぬと思い込んでいて、要するに怖いのよ。死にたくないのよ。ワクチン接種で死ぬこともあるし、感染して死ぬこともある。それならわたしはワクチンを接種して死ぬわ。

感染後回復しても前頭葉が侵されて、認知症の後遺症が問題になっているんですって。70代以上の人はすでに認知症予備軍だから、感染しても平気なのかな~www

ワクチン接種を拒否して死ぬ人は自業自得だけど、トラやライオンは気の毒だから、ワクチンを投与してあげて頂戴。

おすすめの記事